Bubble Cloud Widgets + Wear : ウィジェットとAndroid Wearで使えるランチャーアプリ!

 

dyna.logix.bookmarkbubbles-0

Apple Watchに見られる、多数の円が泡のように並んでいるランチャー画面。それによく似たランチャーアプリが『Bubble Cloud Widgets + Wear』です。
スマホではウィジェットとして、Android Wearでは端から呼び出すランチャーとして、どちらでも使えるアプリです。

Bubble Cloud Widgets + Wear
価格:無料
開発:DYNA Logix


ウィジェットを置いてから設定

dyna.logix.bookmarkbubbles-1

まずはスマホでの使い方から。
普通にウィジェットをホーム画面に配置し、それをタップすると設定画面になります。「Add Bubbles」の黄色いボタンから、表示したいアプリを選択しましょう。

バブル型のランチャーウィジェット

dyna.logix.bookmarkbubbles-2

まるで泡のような丸い円に包まれたアイコンが並んでいます。これはよく使うアプリほど丸が大きくなっていきます。また、ウィジェットの大きさを変更するごとに、その大きさに合うように配置が変わります。
編集アイコンをタップすれば、ウィジェット上で指定したアプリを非表示にすることもできます。

dyna.logix.bookmarkbubbles-3

背景色は設定画面から変更できます。完全に透明にしたほうが壁紙にうまく溶けこんでいい感じですね。

Android Wearでも使える

dyna.logix.bookmarkbubbles-4

本アプリはAndroid Wear搭載端末でも使うことができます。画面の端からスワイプして引き出すと、ウィジェット版と同じようにバブル型でアプリアイコンが表示されます。
アプリだけでなく、バッテリー残量なども表示されるのがいいですね。

dyna.logix.bookmarkbubbles-5

スワイプして表示されたランチャー画面からもう1段階スワイプすると設定画面になります。ここではどこからスワイプで起動するか、バイブレーションはどうするか、といった設定ができます。

パッと見の見た目が面白いランチャーアプリですが、使う頻度によってバブルの大きさが変わるなど、しっかりとした実用性もあります。特にAndroid Wearではランチャーアプリは必須と言っても過言ではないので、スマホとどちらでも使える本アプリは、有力な候補となるのではないでしょうか。




Bubble Cloud Widgets + Wear
価格:無料
開発:DYNA Logix





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Bubble Cloud Widgets + Wear
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン1.44
提供元DYNA Logix
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。