Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2015/01/13 ツール

com.appspot.pistatium.tomorrow-TOP

「別に今日絶対やらなきゃいけない訳でもないし明日やればいっか!」と、仕事や家の予定を先延ばしにしてしまう癖がある方、多いのではないでしょうか?(とか言う私もそうです。)
今回ご紹介する『明日から本気だす』は、アプリ名の通り明日から本気を出すためのタスク管理アプリ。
今日中に必ずやらなくてはいけないという圧迫感がなく、それでいてゆっくりでも確実にタスクが片付きそうな嬉しいアプリとなっています。


『明日から本気だす』タスク管理|サボりがちな方におすすめ!
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


明日から本気出す!

com.appspot.pistatium.tomorrow-001

まずは片付けたいタスクの登録から始めましょう。上のテキストボックスに入力して登録すれば「今日こそやる」リストにタスクが追加されます。

com.appspot.pistatium.tomorrow-002

うーん…。別に今日じゃなくても明日やれば良いかな!と思ったら、タスクをタップして「明日やる。」を選択。タスクが「今日こそやる」リストから「明日から本気出す」リストに移動しました。

“今日やると明日に響くから、明日本気でやる。”という左下の名言(?)がジワジワきますね。そう、今日はもう良いんだ。明日やれば良いんだ…!

com.appspot.pistatium.tomorrow-003

明日やるのも何だか億劫になってきた。そんなときはもういっそ「いつかやる」リストに入れちゃいましょう!予定に追われる必要はない。いつかやれば良いんです。
それぞれのリストごとに変わる、右下の棒人間くんの動きにもご注目ください。「いつかやる」リストではもう何かを悟ったかのような雰囲気を醸し出しています(笑)。

心変わりした!今日中に片付ける!

com.appspot.pistatium.tomorrow-004

いくら「いつかやる」リストに入れていたって、やはりタスクが残っていると気になっちゃいますよね?もどかしい!今日一気に片付けてやる!と闘志が燃えたら「今日こそやる」リストにタスクを戻すこともできます。
今日中に終わらせてやんよ!というメッセージでさらに気合いが入りますね…!

com.appspot.pistatium.tomorrow-005

タスクを無事にやり遂げたら「終わった」リストに移動させましょう。やはり仕事がスッキリ片付くというのは気持ちの良いものです。

優先度を設定しておこう!

com.appspot.pistatium.tomorrow-006

タスクの数が増えてくると、どれが重要でどれがそうでもないかの区別がつきにくくなりますよね。そんなときはタスクを長押しして「優先度」を設定してみてください。
優先度は「やばい」「そこそこ」「ふつう」「そうでもない」の4つから設定することができ、それぞれ色分けしてくれるので、先に片付けるべきタスクをひと目で判断できます!

先延ばし日数がカウントされる…!

com.appspot.pistatium.tomorrow-007

「今日こそやる」リストに入れているタスクを片付けずに放置してしまうと、タスク右下にある「○○日先延ばし中」カウンターの数字が増えます。
先延ばしの日数が数字でハッキリ表示されるのは、精神的にかなり焦りますよ…(笑)。
タスクに追い詰められぬよう、そして先延ばしし過ぎないよう、上手に管理してみてください!

日にちや時間がキッチリ決まっているタスク管理アプリよりも、これくらい緩い方がかえって気が進んでタスクが片付くかもしれません。
年が明けて2015年になったことですので、昨年ダラダラしてしちゃったなという方は、今年こそ本気を出してみてはいかがでしょうか…?





『明日から本気だす』タスク管理|サボりがちな方におすすめ!
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 『明日から本気だす』タスク管理|サボりがちな方におすすめ!
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 Pistatium
レビュー日 2015/01/09


関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る