2015/01/22 その他

while-you-were-away

Twitterは現地時間1月21日、ユーザーが長時間タイムラインから離れている間にされた重要なツイートを、トップに表示する新機能を発表しました。
重要かそうでないかはユーザーの利用状況から判断され、関連性が高いと思われるものが表示されるようになります。
この機能は本日よりiOS版で利用でき、AndroidおよびWEB版でも間もなく開始されるそうです。



見逃したツイートをピックアップ

while-you-were-away1

フォロー数がある程度多い方はしばらくTwitterにチェックインしていないと、タイムラインに大量のツイートが流れ、面白いツイートや重要なものを見逃してしまう可能性が高くなります。
そこで、前回のログインから今までの間に見逃したツイートの中から、ユーザーに関連性の高いツイートをいくつかトップに表示するのが、今回追加された新機能です。

ピックアップされたツイートは「前回アクセスから今までのツイート」として表示され、ユーザーの滞在時間によって表示される頻度が変わります。

面白いツイートを見逃してしまい、話題に乗り遅れるというのはよくあることですが、本機能によってそれも少なくなるかもしれません。しかし、ここ最近のTwitterの仕様変更から「純粋に時系列でツイートを流して欲しい」と思う方も多いのではないでしょうか。この新機能が支持されるのか注目です。

関連情報

見逃してしまったツイート|Twitter Japan Blog







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る