ソフトバンク、MNP転出手数料など各種事務手数料・発行手数料を値上げ改定!

 

20150202-softbank-0

ソフトバンクは1月30日、機種変更やMNP転出などでの事務手数料や請求書や通話明細などの発行手数料を改定すると発表しました。いずれも従来よりも値上げとなっています。

事務手数料について

改定後の事務手数料は以下のとおりです。

対象 改定前の手数料 改定後の手数料
機種変更手数料 3,000円(3Gと4G/4G LTEとの変更)
2,000円(同世代での変更)
3,000円
携帯電話番号ポータビリティ転出手数料(MNP転出手数料) 2,000円
電話番号・メールアドレスお預かりサービス事務手数料 2,000円
電話番号変更手数料 1,500円
譲渡手数料 1,800円
USIM再発行手数料 1,900円

【改定時期】
2015年4月15日(水)以降の受付分より改定。

【改定理由】
ソフトバンクでは、これまで「お客さまへのサービス」として各種手数料の一部を負担していたとのことで、近年の事務対応の増加からその一部をなくす、もしくは減らすことから改定されるようです。

発行手数料について

改定後の発行手数料は以下のとおりです。

対象サービス 改定前の手数料 改定後の手数料
請求書オプション(請求書発行手数料) 100円 200円
通話明細オプション(通話明細書発行手数料)
支払証明書発行手数料 300円 400円
契約事項証明書発行手数料

【改定時期】
請求書オプション、通話明細オプションは、2015年4月請求分より改定。

毎月10日締めのお客さま … 2015年3月11日~2015年4月10日ご利用分
毎月20日締めのお客さま … 2015年3月21日~2015年4月20日ご利用分
毎月末日締めのお客さま … 2015年4月1日~2015年4月30日ご利用分

支払証明書、契約事項証明書 … 2015年4月15日以降の発行分より改定。

【改定理由】
ソフトバンクによると「紙資源削減による自然環境保護への取り組みを一層すすめるとともに、My SoftBankの利便性向上にともない料金案内のオンライン化を促進するため」となっています。
ワイモバイル等との合併の話もありますので、その辺りも含めてMy SoftBankの利便性がより向上するのでしょうか。

関連情報

各種事務手数料の改定について | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
各種発行手数料の改定について | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。