その他

20150206-twitter-0

Twitterは2月5日、Twitter上での広告であるプロモツイートにおいて、テレビ番組やチャンネル、ジャンルでのターゲティングを可能にした「テレビターゲティング」を開始しました。



TVを見ている人に効果的なプロモツイートを

20150206-twitter-1

Twitterでは毎日、テレビ番組に関するツイートがたくさん流れてきます。昨年5月のMacromillによるTwitterユーザー実態調査では、テレビを見ているユーザーの5人に4人がTwitterを使いながらテレビを視聴したことがある、という結果が出ました。

ワールドカップでのツイート数は32日間累計で6億7,200万ツイートを突破し、第65回NHK紅白歌合戦に関するツイートは、放送開始1時間前から放送終了30分後までの間に、486万ツイートを記録したとのことです。瞬間的なものだと「バルス」でもTwitterとテレビの関係性が深い事がわかりますね。

Twitterではこれらのツイートをマッピングする技術があるとのことで、そのテレビ番組を見ている方々に向けて効果的にプロモツイートを配信する、というのが「テレビターゲティング」です。

テレビとソーシャル上でのメッセージを統一

Twitterによると、「テレビターゲティング」を活用した事例として、メルセデス・ベンツ日本(@mb_honki)は6月のワールドカップ日本代表戦の機会にこのテレビターゲティング(のテスト版)を使い、新型C-Classセダン発表予告CMをプロモツイートとして流したそうです。

このように、テレビとソーシャル上でのメッセージを統一することで、より広告効果が高まるようです。確かに、どうせなら今自分がツイートしているもの(=自分の見ているもの=自分の興味のあるもの)に基いてプロモツイートが流れるのであれば、全く関係ない広告よりも興味を持ちそうです。

この「テレビターゲティング」は既に始まっているので、自分がテレビの番組を見てツイートしているときは、そこに出てくるプロモツイートもよく見てみると面白いかもしれません。
私の場合は、AmazonさんがBDを勧めてきそうで怖いですね。

関連情報

テレビターゲティングが正式に始まりました | Twitter Blogs







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る