Android(>アンドロイド)ニュース

2015/02/20 Android(アンドロイド)ニュース

20150220_docomo_navi_00

ゼンリンデータコムとNTTドコモは、GPS測位が困難な屋内でもスマートフォンに搭載されている各種センサーを活用して屋外と同様にナビゲーションを実現する新たな技術を開発しました。2015年4月以降、「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」にて提供される予定です。



スマホのセンサーを活用

スマートフォンに搭載されているモーションセンサーから取得した情報を自律航法技術を使って複合的に解析し、利用者の動きを目的地までのルートに合わせた最適な位置に補正するルートマッチング技術と組み合わせる技術です。

これにより、GPS測位が困難な屋内環境や、Wi-FiやBluetooth Low EnergyなどのBeacon(無線信号)が設置されていない屋内においても、屋外と同じようにナビゲーションが利用できます。

20150220_docomo_navi_00
画像クリックで拡大します

モーションセンサーのデータを解析することで、直進している・角を曲っている・階段を昇降しているなどの歩行状態を検知するだけでなく、手に持って歩いている状態(腕振り)、ポケットやカバンに入れた状態でも高精度な測位を実現します。

また、気圧センサーを活用することで、階段やエスカレーター・エレベーターによる昇降を検知し、フロアマップを階数に応じて自動的に切り替えます。

2015年4月以降に提供予定

この技術を利用した屋内ナビゲーションは、2015年4月以降、「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」(月額300円、税抜)にて提供される予定です。地下街と駅構内を合わせ全国約320ヶ所のエリアで利用できます。

関連情報

報道発表資料 : 新たな屋内ナビゲーション技術を開発 | NTTドコモ







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る