Android(>アンドロイド)ニュース

2015/02/23 Android(アンドロイド)ニュース

ソフトバンクとワイモバイルから新製品「DIGNO U/C」が2月27日に発売になる。また、ソニーはAndroidスマートフォン等と連携できる透過式のメガネ型端末「SmartEyeglass Developer Edition」を3月10日に発売する。LGエレクトロニクスは高級時計スタイルのスマートウォッチ「LG Watch Urbane」を発表した。



新製品

【タフ・スマートフォン「DIGNO U/C」】
ソフトバンクモバイルから京セラ製スマートフォン「DIGNO U」が27日に発売になる。さらに、ワイモバイルからも「DIGNO C 404KC」として発売になる。DIGNO Uはマットブラックのみ、DIGNO Cはグロスブラックとホワイトの2色で、ホワイトモデルは3月下旬発売予定。

octoba-209_dignou-1
DIGNO U

両機種ともタフさが最大の魅力で、防水・防塵のほか、米国国防総省のMIL規格に準拠した試験をクリアする耐衝撃性能を持つ。

ディスプレイサイズは約5インチで解像度は960×540ドットで、ボディサイズは約73×144×10.8mm、重さ約146gとなっている。ワンセグやフルセグ、おサイフケータイ、NFC、赤外線通信などには非対応。

octoba-209_dignoc
DIGNO C

【ソニー、SmartEyeglass Developer Edition】
ソニーはスマートグラス「SmartEyeglass Developer Edition」を3月に発売すると発表した。この製品は「Developer Edition」と付けられたように、開発者向けのモデルで、今回、アプリ開発者向けに販売される。ただし、日本市場だけでなく米国、欧州などでも販売され、サードパーティー製の様々なアプリが登場することが期待される。

octoba-209_smarteyeglass-1

また、ソフトウェア開発キット(SDK)も今回のDeveloper Editionの発売にあわせて、正式リリース版が登場する。販売価格は10万円(税抜)だ。

【LG Watch Urbane】
LGエレクトロニクスは16日、Android Wearを搭載したスマートウォッチ「LG Watch Urbane」を発表した。LG Watch Urbaneは、オシャレなモデルを求める層をターゲットにしたスマートウォッチで、フルメタル素材ででき、ベゼルを薄くしたフォーマルなスタイルをしている。

octoba-209_lgwatch-urbane
LG Watch Urbane

ディスプレイは約1.3インチの有機ELで、解像度は320×320ドットで、ボディサイズは約45.5×52.2×10.9mm。防水・防塵仕様で、カラーはゴールドとシルバーの2色。

【ドコモ、225Mbps対応ルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」】
NTTドコモ(以下、ドコモ)はモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」を18日に発売した。このHW-02GはLTE-Advancedに対応し、下り最大225Mbpsを利用できるモバイルWi-Fiルーター。

octoba-209_hw-02g
Wi-Fi STATION HW-02G

LTE-Advancedのサービス提供は3月開始予定で、それまでの間は下り最大150Mbpsでの利用になるが、サービス提供開始後は一部エリアからとなるが下り最大225Mbpsでの利用が可能だ。

新サービス

【LINEバイト】
LINEとインテリジェンスの合弁会社AUBEが「LINE」上でアルバイト求人情報サービス「LINEバイト」の提供を開始した。追加アプリは不要で、LINEアプリ上でサービスを利用することができる。

octoba-209_linebaito
LINEバイト

インテリジェンスが運営するアルバイト求人情報サービス「an」に掲載される全ての情報をLINEバイトでも閲覧できる。さらに、過去の検索履歴をもとに週に一回「LINEバイト」の公式アカウントからオススメ情報が配信される。

今後は専用アプリのリリース、ビジネスアカウントや決済サービスとの連携なども考えられている。

【ソフトバンクカード】
ソフトバンク・ペイメント・サービスとソフトバンクモバイル、ワイジェイカード、Tポイント・ジャパンが協業し、プリペイド式の電子マネーカード「ソフトバンクカード」を3月6日から提供する。

octoba-209_softbankcard
ソフトバンクカード

銀行振込、ソフトバンク携帯電話の利用料金との合算支払、ジャパンネット銀行からの振り替えなど、様々な方法でチャージし、チャージした電子マネーをVisa加盟店で利用することができる。さらに、利用額に応じてTポイントを貯めることもできる。
貯めたTポイントはTポイントのまま使うことも、電子マネーに変えることもできる。大きな特徴は12歳以上から持てるということ。

あとがき

「au WALLETカード」は未成年でも持てるカードでクレジットカード代わりに使えますが、新たに登場したソフトバンクカードも同じように未成年でも持て、Visa加盟店で使えます。同種のカードがauに続いてソフトバンクからも登場したことになります。今後はおそらくドコモも追随するのでしょうが、何と言う名前のカードになるのでしょうね。気になるところです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る