東京メトロのオープンデータを活用したコンテスト、グランプリのアプリを発表!

 

20150223_metro_app_00

東京地下鉄株式会社(東京メトロ)は、創立10周年を記念して実施していた「オープンデータ活用コンテスト」の結果を発表しました。グランプリには「ココメトロ」(iOS向け)が選ばれました。

281件の応募

20141203-metro-1

このコンテストは、東京メトロ全線の列車位置や遅延時間等のデータをオープンデータとして提供し、それを使って「東京メトロをご利用になるお客様の生活がより便利でより快適になるようなアプリ」を募集する企画で、281件の応募がありました。

東京メトロ「オープンデータ活用コンテスト」応募アプリは281件! | オクトバ

グランプリ「ココメトロ」

20150223_metro_app_01

グランプリに選ばれたのは『ココメトロ』(iOS向け)で、プラットホームの行き先表示板(発車時刻や乗り換え路線の発車予定時刻など)の簡単さを手元で実現したものです。

goodデザイン賞に「東京動脈 Flow-in」

net.papyri.tokyoart.fli.android_00

また、以前オクトバでもレビューした『東京動脈 Flow-in』は、goodデザイン賞を受賞しています。地下鉄が地下を走ってる様子を立体的に表現しています。

東京動脈 Flow-in : 地下鉄の動く様子は見てるだけでも楽しい | オクトバ

東京地下鉄の村尾公一常務取締役は、「鉄道事業者自らでは思いもつかないようなアプリの応募を期待していたが、期待どおり特色のあるアプリの応募が数多くあったことは大変喜ばしい。(中略)オープンデータの可能性を感じられたコンテストであった」とコメントしています。

鉄道事業者の考える視点とは違ったアプリが多く、有意義なコンテストだったようです。グランプリ・goodデザイン賞のほか、優秀賞・10thメトロ賞・特別賞を受賞したアプリは、公式サイトより確認できます。

関連情報

オープンデータ活用コンテスト | 東京メトロ 10th anniversary
投稿アプリケーション 一覧
投稿アプリケーション ココメトロ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!