Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/04/9 Android(アンドロイド)ニュース

20150409_os_share_00

Googleは、2015年4月6日までの7日間で集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
KitKat(Android 4.4)がJelly Bean全体(Android 4.1-4.3)を抜いてシェアを逆転しました。また、今回からAndroid 5.1が登場しています。



KitKat(Android 4.4)が首位に
バージョン コードネーム 前回(3月) 今回(4月) 増減
2.2 Froyo 0.4% 0.4% 0%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 6.9% 6.4% -0.5%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 5.9% 5.7% -0.2%
4.1.x Jelly Bean 17.3% 16.5% -0.8%
4.2.x 19.4% 18.6% -0.8%
4.3 5.9% 5.6% -0.3%
4.4 KitKat 40.9% 41.4% +0.5%
5.0 Lollipop 3.3% 5.0% +1.7%
5.1 0.4%

 
KitKat(Android 4.4)が前回の40.9%から41.4%に増加し、Jelly Bean全体(Android 4.1-4.3)は42.6%から40.7%へと減少しました。これにより、KitKatがJelly Beanを抜いてシェアトップになりました。

また、今回発表されたデータからAndroid 5.1のLollipopも登場しました。0.4%という小さな数字ですが、今後はAndroid5.0のLollipopとともに徐々にシェアを広げていくと思われます。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Googleが2015年3月のOSバージョン別シェアを公表、KitKatが4割超える | オクトバ(前回のデータ)







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る