Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール

アプリの特徴

  • ブラウザで見ているページのURLを通知バーへ送る
  • 最大100件まで記録できるので「あとで読む」的な使い方もできる
  • twiccaのプラグインに対応


URL Notification
価格:無料

ページのURLを通知バーへ

『URL Notification』は、ブラウザなどのアプリからページを共有することでそのページのURLを通知バーへと送るアプリです。ブックマークするほど重要でないページのURLを一時的に残しておくことができます。

net.wizmy.url2notification_01

URLを残しておきたいページで、メニューから「共有」→「URL Notification」を選択するだけです。

net.wizmy.url2notification_02

このように通知バーへと記録されます。また、アプリ内の履歴には最大100件まで記録されます(後述の設定をONにしておく必要があります)。

net.wizmy.url2notification_03

履歴からクリップボードにコピーしたり、共有することも可能です。Androidビームもすぐに起動できます。

net.wizmy.url2notification_04

通知バーへ送るだけなら必要はありませんが、履歴を記録しておきたい場合は、あらかじめアプリの設定から履歴を「ON」にしておく必要があります。

「あとで読む」的な使い方ができる

net.wizmy.url2notification_05

このアプリはブラウザだけでなく、Twitterアプリでも使えます。

例えばTwitterで気になる記事が紹介されていても、とりあえずタイムラインを消化したいという場合、本アプリを使って記事のURLを通知バーへと送ります。「あとで読む」的な使い方ができるのです。

twiccaプラグイン対応

net.wizmy.url2notification_06

また、Twitterアプリ「twicca」のプラグインにも対応しているので、twiccaを使っている場合はメニューからワンタップで通知バーへと送ることができます。

一時的に保存しておきたいサイトや、今は見ない(見れない)けれどいつか見るから保存しておきたいサイトなどに便利ですね。





URL Notification
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 URL Notification
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 2.4.0
デベロッパー名 jya
レビュー日 2015/04/07


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る