Android(>アンドロイド)ニュース

2015/04/13 Android(アンドロイド)ニュース

NTTドコモ(以下、ドコモ)とau向けに「GALAXY S6 edge」が、ドコモ向けに「GALAXY S6」が登場することが明らかにされた。また、ドコモは「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」に「屋内ナビゲーション機能」を追加した。地下エリアでも精度の高い屋内ナビゲーションが可能となっている。



新製品

【GALAXY S6 edgeとGALAXY S6】

octoba-216_sc04g
ドコモ向けGALAXY S6 edge

サムスン電子のスマートフォン「GALAXY S6 edge」と「GALAXY S6」がドコモとau向けに4月23日に発売となる。GALAXY S6 edgeはドコモとau向け、GALAXY S6はドコモ向けに投入される。GALAXY S6 edgeはドコモとauでカラーバリエーションが異なる。

octoba-216_au-galaxys6edge
au向けGALAXY S6 edge

両機種ともドコモの下り最大225Mbpsに対応し、au向けモデルもauの下り最大225Mbpsに対応する。両社のLTEサービスにおいて、下り最大225Mbpsに対応する第一弾スマートフォンになる。

GALAXY S6 edgeはデュアルエッジスクリーンを搭載し、電話やメール着信などがエッジスクリーンですぐに判断できるのが一つの特徴。デザイン面ではフロントとリア、どちらにも強化ガラスを採用し、強度と見た目の綺麗さを実現している。ディスプレイは5.1インチの有機ELで解像度は1,440×2,560。

Android 5.0、オクタコアCPU、3GB RAM、ハイレゾオーディオ対応なども特徴。

octoba-216_sc05g
ドコモ向けGALAXY S6

【Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6】
ゴーグル型のヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Innovator Edition for Galaxy S6」(以下、Gear VR)が23日に予約受付開始となり、5月上旬以降に発送される。エディオン、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの各オンラインストアで販売される。

octoba-216_gearvr-1

まず、このGear VRはGALAXY S6かGALAXY S6 edgeが必須なので、その点には注意したい。Oculus VR社と共同開発された製品で、バーチャルリアリティを体験できる。

対応するゲーム、映像コンテンツが60以上用意されるほか、スマートフォンで視聴できる一般の動画なども楽しめる。

octoba-216_gearvr-2

新サービス

【au 4G LTEで下り最大225Mbpsのサービス】
au 4G LTEで今夏、「LTE-Advanced」の技術であるキャリアアグリゲーションを使って、下り最大225Mbpsのサービスを提供開始する。対応スマートフォンも順次リリースされる予定だが、4月23日に第一弾としてGALAXY S6 edgeが登場する。

octoba-216_au225
今夏、auのスマートフォンは「ダブルCA」対応へ

また、auの下り最大225Mbpsに対応する製品では、別途WiMAX 2+の下り最大220Mbpsにも対応する予定で、それらの製品は「ダブルCA対応スマートフォン」と呼ばれることになる。

【超小型モビリティのレンタルサービス「MICHIMO」】
明日香村地域振興公社はソフトバンクモバイルと協力し、奈良県飛鳥地方の観光客向けに超小型モビリティのレンタルサービス「MICHIMO」の本格提供が17日にスタートした。昨年からプレオープンとして少ない台数でのサービス提供は行われていたが、今回、モビリティの台数が17台になり、グランドオープンした。

octoba-216_michimo-1 octoba-216_michimo-2
MICHIMO

タブレットを搭載した超小型モビリティを借りて、観光地を巡ることができる。
3時間レンタルのプランが3,000円、5時間プランが4,750円、1日プラン(9時から18時)が8,000円となる。

アプリ

【ドコモの地図ナビに屋内ナビゲーション機能】
ドコモの地図ナビに「屋内ナビゲーション」機能が追加された。13日11時に提供開始となったアップデートを導入することで利用できる。

octoba-216_indoor
屋内ナビゲーション機能のイメージ

一般的には地下エリアではGPS測位ができないために屋内ナビゲーションや現在地確認が難しいが、今回導入された機能ではスマートフォンに搭載された各種センサーを活かし、自律航法技術を使っている。それによって今スマートフォンがどの位置にあるかを把握し、ナビゲーションを実現している。

【写真とギフトを贈れるアプリ「Pictol」】
ディー・エヌ・エーは10日、写真とギフトを贈ることができるアプリ「Pictol」をリリースした。写真を選んでカレンダーやメッセージカードにして相手に贈ることができる。さらに、ギフト商品をつけることもできる。

octoba-216_pictol-1

ギフト商品は約2万点から選ぶことができる。料金は初回は送料を含めて無料、以降は1回あたり200円。ただし、ギフト商品は別。

あとがき

WiMAX 2+は3月から下り最大220Mbpsのサービスを提供開始していますが、ドコモも下り最大225Mbpsのサービスを始めました。そしてauも今夏、225Mbpsのサービスを始め、200M超の時代に入ってきました。まだ対応スマートフォンはGALAXY S6シリーズだけですが、今後、どのようなラインナップが登場するのか期待したいところです。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る