Android(>アンドロイド)ニュース

2015/05/26 Android(アンドロイド)ニュース

20150526_tablet_research_00

株式会社ICT総研は5月25日、タブレット端末市場に関する調査結果をまとめ、発表しました。



2014年度の国内出荷台数は916万台

ICT総研の調べによると、タブレット端末(タッチスクリーン入力可能な6〜11インチ程度)は、2014年度の出荷台数が916万台で、2013年度の713万台から約200万台増えました。
ノートパソコンの代替需要や教育用タブレットなど今後も成長が続き、2017年度には1,332万台が出荷されると予測しています。

20150526_tablet_research_00

OS別については、2014年度はアップルのiPadシリーズが398万台を出荷。これに対しAndroidは405万台で、シェア44%でトップに立ちました。

AndroidタブレットはiPadと比べリーズナブルな製品も多く、今後もトップシェアを維持するものと見られます。しかし、2016年以降に日本郵政グループがiPadを活用した高齢者向けサービスを開始する予定であることから、iPadのシェア回復の可能性もあるとしています。

満足度はiPadシリーズが高い

20150526_tablet_research_04

タブレット端末所有者に対する「端末の総合満足度」調査については「iPad mini」の満足度が最も高く、81.8ポイントでした。上位3位までは僅差で、2位は「iPad/iPad Air」の80.9ポイント、3位はマイクロソフトの「Surface」79.1ポイントでした。

Androidタブレットについては8インチ未満・8インチ以上ともの66%で、iPadシリーズやSurfaceと大きな差が見られました。

Androidタブレットは多くのメーカーから発売され、スペックや価格も幅広い選択肢がありますが、ユーザーの満足度を高めていくという点にが今後のメーカーの課題になるのかもしれません。

ICT総研のレポートページでは、世界のタブレット端末市場動向など今回ご紹介した以外のデータも掲載されていますので、興味がある方は下記リンクよりチェックしてみてください。

関連情報

2015年度 タブレット端末に関する市場動向調査:レポート|ICT総研 市場調査・マーケティングカンパニー







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る