Android(>アンドロイド)ゲーム

2015/05/30 アクションRPG

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_00

【アプリの特徴】

  • スクウェア・エニックスがおくる、世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦できるタクティカルRPG
  • 多彩なスキルを持った230以上のユニットが大活躍!強化・育成して!
  • 伊藤龍馬氏デザインによるキャラクターや山崎良氏作曲によるサウンドにも注目!


ヘブンストライクライバルズ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


世界中のユーザーとリアルタイム勝負

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_01

『ヘブンストライクライバルズ』は、スクウェア・エニックスによる世界中のプレイヤーと対戦できるタクティカルRPGです。

画面下に並んでいるユニット(キャラクター)を所定の場所に配置することでゲームが始まります。

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_02

自チームは左から右方向へ、敵チームは左方向へ向かって攻めてきます。それぞれのユニットの上に表示されてる数値(HPと攻撃値)を使って攻撃しあい、HPがゼロになればそのユニットは死んでしまいます。

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_03

ステージによっては、途中にHP回復ポイントや攻撃力がアップするポイントもあります。敵よりも先にポイントに到達できるようにしたいですね。

マナ数がポイント

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_04

途中、「マナ」が不足してしまいました。ユニットを配置するには「マナ」が必要です。

画面左上で青く光っているのが自分が持っているマナ数(この場合は2個)で、ユニットに設定されたマナ数を持っていなければ、画面下部のユニット部分がグレーアウトして配置することはできません。

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_06

また、ユニットの移動は、前進するか左右横移動のみ(攻撃は前方向のみ)で、後退はできません。

そのため、マナが足りない状態で自分よりも後ろに敵が進んでしまうと、無防備状態の自チーム隊長が攻撃されてしまいます。隊長のHPが0になるとチームは負けてしまいます。

ピンチになった場合は、自動で戦ってくれる「オートモード」をONにすると挽回できるかもしれません(そのぶん面白さは半減してしまいますが…)。

デッキ構成を考える

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_05

そういったことも考慮しつつ、ユニットのデッキ構成を考えなければなりません。

なかには遠くまで撃てるスキルを持ったユニットや、2段攻撃できるユニットもいるので、それぞれのスキルも加味しながらデッキを編成しましょう。

もちろん、ユニットを訓練や昇格(育成、強化)機能もあり、デッキの総合力もアップします。

キャラクターやゲームサウンドにも注目

com.square_enix.HEAVENSTRIKERIVALS_JP_07

このキャラクターに何となく見覚えのある方もいるのではないでしょうか。
「FFタクティクスアドバンス」でもおなじみ、伊藤龍馬氏デザインのキャラクターがゲームの中で大活躍します。キャラクターは毎週追加されるそうなので要チェックです。

また、ゲームサウンドは「FFCCクリスタルベアラーズ」などを担当した山崎良氏が作曲しています。ぜひ音量をONにしてプレイしてみてください。

初めのうちは適当にデッキを組んでいたら、コテンパンにやられてしまいました。持っているユニットのなかでどのユニットがどんなスキルを持ち、どんな動きをするか確かめながら、最適なデッキを組んでプレイして見てください。
グラッフィックも綺麗なので機種によっては動作が重い場合もありますが、プレイすればするほどハマるゲームです。





ヘブンストライクライバルズ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ヘブンストライクライバルズ
価格 無料
対応OSAndroid 4.1 以上
バージョン
デベロッパー名 SQUARE ENIX Co.,Ltd.
レビュー日 2015/05/27


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る