Android(>アンドロイド)ニュース

2015/06/18 Android(アンドロイド)ニュース

20150618_mvno_ocn_00

NTTコミュニケーションズは、同社が提供するモバイル通信サービス「OCN モバイル ONE」が、MM総研による「国内MVNO市場規模の推移(2015年3月末)」の独自サービス型SIMのシェアにおいて、2014年3月末の発表から3回連続でシェア1位を獲得したと発表しました。



独自サービス型SIMの回線契約数は326万に

MM総研が調査したデータによると、MVNOサービスの総契約回線数は、2015年3月末時点で3,045万回線で、2014年3月末の1,480万回線から2倍以上の規模で増えています。

20150618_mvno_ocn_01

いわゆる「格安SIM」を含む「独自サービス型SIM」の回線契約数は、2015年3月末で326万回線でした。モバイル市場全体での構成比も1年前の1.1%から1.8%へと0.7ポイント増加しています。

普及阻害要因である「端末調達ハードルの高さ」「購入チャネルの少なさ」などは、SIMフリー端末や販売店舗の充実など改善されつつあり、今後のさらなる普及が期待されます。

また、訪日外国人向けのプリペイドSIMの販売数も増加していることから、2020年のオリンピックへ向け、さらなる需要の拡大が期待されるとしています。

事業者シェアは3位と4位が逆転

20150618_mvno_ocn_02

2015年3月末時点の事業者シェアは、1位が「OCN モバイル ONE」等を提供するNTTコミュニケーションズで22.6%(73.8万回線)、2位は「IIJmio」「BIC SIM」等を提供するインターネットイニシアティブの16.4%(53.6万回線)でした。

3位はビックローブの7.1%(23.3万回線)、4位は日本通信の5.3%(17.2万回線)でした。2014年3月末のシェアと比べ、ビックローブと日本通信が順位を入れ替えています。

1年前と比べてMVNO市場の状況は様変わりしていますが、相変わらず上位4社が独自サービス型SIMの過半数を占めています。DMM.mobileや楽天モバイルなど勢いのあるMVNOもあり、半年後や1年後にどのような変化が出ているか気になるところです。

半年前(2014年9月末時点)での調査記事はこちらです。
MVNO回線数は半年で30.3%増加、トップは「OCN モバイル ONE」 | オクトバ

関連情報

独自サービス型SIMのシェアにおいて、2014年3月末の発表から3回連続でシェアNo.1を獲得しました|NTTコミュニケーションズ
国内MVNO 市場規模の推移(2015 年3 月末) – 株式会社 MM総研







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る