Android(>アンドロイド)ニュース

2015/07/22 Android(アンドロイド)ニュース

20150722_phasedarray_00

株式会社エムティーアイが運営する天気情報サイト「ライフレンジャー天気」は、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)との共同研究により、「フェーズドアレイ気象レーダ」の3次元観測データを用いて、ゲリラ豪雨の発生をリアルタイムで知らせる「ゲリラ豪雨検知アプリ」を開発し、関西地区で実証実験を開始しました。


3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~
価格:無料

10月30日まで関西地区で実証実験

「フェーズドアレイ気象レーダ」は、東芝、大阪大学、NICTが共同開発した、30秒毎という今までにない高頻度で雨雲の中を3次元観測し、ゲリラ豪雨を高精度でキャッチできる日本初の気象レーダです。

アプリはそのデータを利用し、ゲリラ豪雨の発生状況を3次元レーダーマップで確認できるだけでなく、ゲリラ豪雨の可能性をスマートフォンのプッシュ通知で受け取れます。

20150722_phasedarray_01

関西地区以外の方でもアプリをインストールできますが、実証実験中につき、データは関西地区のものしか表示されません。

実験の概要

【実験期間】
2015年7月21日(火)~2015年10月30日(金)

【実験対象地域】
大阪府吹田市を中心とした80km×80km領域(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県の一部で利用可能)
(※大阪大学吹田キャンパスに設置されたレーダの観測範囲)

【対象OS】
・Android 4.4以上推奨(※WebGL非対応端末一部あり)
・iOS 8以上推奨
・Apple watch(ポップアップ表示のみ)
(※iOSとApple watchは8月以降対応予定)

【課金額】
無料

3Dアニメで雨雲を表現してくれるということで面白そうです。関西地区にお住まいの方はぜひ実験に参加してみてください。
なお、実証実験中はメンテナンス等により安定したサービスの提供が難しい場合があるそうです。その点はご留意ください。

関連情報

エムティーアイ | 国立研究開発法人情報通信研究機構×『ライフレンジャー天気』~最新技術を誇る、3次元観測「フェーズドアレイ気象レーダ」アプリの実証実験を開始~
3D雨雲ウォッチ ~フェーズドアレイレーダ~





3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 3D雨雲ウォッチ~フェーズドアレイレーダ~
価格 無料
対応OSAndroid 4.4 以上
バージョン 1.0.0
デベロッパー名 MTI Ltd.
レビュー日


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る