Android(>アンドロイド)ニュース

2015/07/28 Android(アンドロイド)ニュース

20150728.Stagefright001

モバイルセキュリティー対策などを行う、米Zimperiumの研究者Joshua J. Drake氏は現地時間7月27日、同社のブログにて「MMSを使用してAndroid端末の制御ができる、最悪の脆弱性を発見した」と発表しました。
この脆弱性はAndroid 2.2(Froyo)以降に存在しており、Android端末の95%にも及ぶとしています。



電話番号だけで端末を制御可能

Joshua J. Drake氏が発表した内容によると、Android端末に標準で搭載されているメディアプレーヤーフレームワーク「Stagefright」に脆弱性があり、細工したメディアファイルをMMSで送信するだけで端末を制御できてしまうとのことです。
しかもこれはユーザーがメディアファイルを再生せずとも、MMSを受信した時点で攻撃を実行できる場合がある他、攻撃者はメッセージを削除してその痕跡を消すことも出来るとのこと。

20150728.Stagefright002
MMSで細工されたメディアファイルを受信した時点で攻撃可能

Joshua J. Drake氏は“電話番号さえ知る事ができれば、利用者が眠っている間に攻撃者によって端末が乗っ取られ、目を覚ます前にその痕跡を削除できる。利用者はトロイの木馬と化した端末を使い続けることになる”とコメントしています。

この問題は既にGoogleに報告済みで、Googleによってその修正パッチも端末メーカーや各キャリアに配布されています。しかし、アップデートはメーカーもしくはキャリアによって行われるので、どのモデルにいつアップデートを実施するかは不明です。また、Android 2.2(Froyo)のように古いバージョンのアップデートは既に打ち切られているものが多く、アップデート自体行われない可能性もあります。
一部メーカーのモデルについては、既にこの修正パッチが適用されているものもあるようですが、具体的なモデル名等は不明です。

関連情報

Experts Found a Unicorn in the Heart of Android|Zimperium







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る