Android(>アンドロイド)ニュース

2015/08/27 Android(アンドロイド)ニュース

20150827-smartisan-0

中国の携帯電話メーカー錘子科技(北京)有限公司(Smartisan Technology Co., Ltd.)は、8月25日(火)に新機種発表会を開催し、「Smartisan T1」モデルに次ぐ新ブランドおよび新製品「JianGuo(ジェングオ)」を、同日22:00(中国時間)より中国国内で発売することを発表しました。
そしてその翌日(26日)には、2015年9月に日本法人を設⽴し「JianGuo」を今秋に日本で販売開始する予定と表明しました。「JianGuo」のほかに、Tシリーズの新製品「T2」も年内発売を予定しています。



中国の携帯電話メーカー「Smartisan」

20150827-smartisan-1

Smartisanは2013年に中国で設立されたまだ新しい携帯電話メーカーです。2013年に独⾃OS、2014年にフラッグシップとなる「T1」モデルを発表。これは中国では約25万台を販売したとのことです。
日本法人は9月に設立予定。

新製品JianGuo

20150827-smartisan-2

今回発表された「JianGuo(ジェングオ)」はSmartisanの中でもローエンドモデルにあたる新製品です。シンプルかつ上品なデザインと使用感、ハードウエア性能とを兼ね備え、さらに都市部の若者をユーザーとして、若者のセンスやニーズにマッチさせるべく開発された商品です。

20150827-smartisan-4

背面カバーのカラーバリエーションとして、レッド/オレンジ/イエロー/グリーン/シアンブルー/ブルー/パープルの7色を用意。背面カバーを取り付けると、「JianGuo」のシステムが自動識別を行い、ホーム画面のテーマが背面カバーの色に合わせたものに切り替わります。

20150827-smartisan-3

また、「JianGuo」はAndroidを基にカスタマイズされた「Smartisan OS」を搭載します。初回発売時点ではバージョン1.5が搭載され、今後2.0へとバージョンアップされるとのことです。

主な仕様
OS Smartisan OS 1.5
CPU Qualcomm® Snapdragon 615(オクタコア 1.5GHz)
メモリ 2GB
ストレージ 16/32GB
ディスプレイ 5.5インチ(1920×1080)
カメラ 背面:12.78MP 前面:4.91MP

CEO 羅永浩(ルオ・ヨンハオ)合同インタビュー会 Q&A

Q):⽇本進出の理由は?
羅永浩:Smartisan はデザインとユーザー・エクスペリエンスを⼤切にしている企業です。⽇本やアメリカなどの先進国は、デザインとユーザー・エクスペリエンスにこだわるユーザーが多いと思うので、これら先進国に進出して成功を収めていくことで、ワールドワイドで成⻑していけると考えました。

Q):⽇本ではいつから販売するのか?いくらで販売する予定?
羅永浩:⽇本の現地法人は既に申請手続き中で、来月(9月)に法人を設⽴する予定です。新製品である「JianGuo」は今年の秋に発売することを目指しています。価格は⽇本のキャリアと話し合って決めますが、中国での販売価格と同等レベルを予定しています。
※「JianGuo」は中国において16GBモデルが899元(約17,000円)32GBモデルが999元(19,000円)

Q):⽇本で提携する予定のキャリアは?
羅永浩:ドコモ、KDDI、ソフトバンクを始め、MVNO とも話をしております。ただし、まだ正式に決定していません。

Q):⽇本の現地法人の規模(社員数)は?
羅永浩:計画としては15〜20 名で、最初は10 名を予定しています。マーケティング、営業担当を中心に採用していく予定です。

Q):⽇本では若者向け「JianGuo」だけの販売?ハイエンドモデル「Tシリーズ」は⽇本で販売しない?
羅永浩:⽇本でも「JianGuo」も「Tシリーズ」の新モデル「T2」それぞれ発売予定でいます。「JianGuo」は今秋、「T2」は年末の発売を目指しています。できれば「T2」もクリスマス前には発売したいと考えています。

Q):⽇本でのターゲットは?(Tシリーズ「T2」、「JianGuo」それぞれで)
羅永浩:「T シリーズ」は高いデザインやユーザー・エクスペリエンスを求める人々。Smartisan のユーザー・エクスペリエンスは⽇本のキャリアにもとても評価されています。「JianGuo」はローエンドモデルですが、同様にデザイン性とユーザー・エクスペリエンスを重視しています。所得の違いやスマートフォンにかけられる予算によって、ターゲットを区別したいと思っています。

Q):今回の新機種「JianGuo」の目標販売台数は?(⽇本、中国で)
羅永浩:中国では150万台〜200万台を目指しています。海外ではまだトライアルなので中国よりも少ないとは思うが、徐々に増やしていきたいと考えています。

Q):これまで販売していた「T1」モデルの累計販売台数は?また、なぜそれだけ売れたと思うか?
羅永浩:中国では約25万台です。ただ、「T1」の価格帯(約5万円)のモデルが25 万台売れることは中国では凄いことです。高いデザイン性と、ユーザー・エクスペリエンスの高さが、評価された結果だと思います。

中国の携帯電話メーカーが日本進出と言うと、最近ではSTAR DIGITALのONE-FIVEも予定されています。
中国STAR DIGITAL、SIMフリースマホ「One・Five」3機種を10月1日より発売 | オクトバ
あ、これは軽い! STAR DIGITALのSIMフリースマホ「ONE-FIVE F1/C1」は手に持てば印象がまた変わる? | オクトバ

少しずつですがシムフリー端末が日本で受け入れ始められていることから、今後ますます海外企業が日本進出してくるかもしれませんね。そうなった時、どこで差別化を図るのか、各メーカーの特色が出るようになるといいのですが。

関連情報

Smartisan
坚果手机 – 概览(JianGuo製品ページ)
官方在线商城 – Smartisan







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る