Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20150908-biglobe-0

ビッグローブ株式会社は、9月7日よりモバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」への乗り換えを推進するサービス強化を行うと発表しました。
MVNOサービスの各料金の値下げや、最大10,000円がキャッシュバックされる特典などが開始されます。



月額料金の値下げ

「BIGLOBE SIM」の料金が10月1日より改定されます。音声通話が可能なSIMが月額1,400円から利用可能となり、ライトSプラン(6GB)は月額2,150円、12ギガプラン(12GB)は月額3,400円へと大幅に値下げされます。

値下げ後の料金表は以下のとおり。

音声通話
スタートプラン
エントリープラン ライトSプラン 12ギガプラン
高速データ通信容量 1GB 3GB 6GB 12GB
音声通話SIM 1400円 1600円 2150円 3400円
データSIM 900円 1450円 2700円

シェアSIMカードを開始

20150908-biglobe-1

家族でパケットを分け合える「シェアSIMカード追加オプション」が受付開始されます。ライトSプランは最大2枚、12ギガプランは最大4枚まで追加可能となっており、この中で通信容量を分け合う事ができます。
音声通話SIMは、シェアSIM利用料が、SIM1枚につき月額900円、データ専用SIMは11月から対応開始予定です。

最大10,000円キャッシュバック

20150908-biglobe-2

また、ライトSプランと12ギガプランでは、11月1日までに申し込み、開通翌月から6カ月間継続利用することでデータ通信なら3,000円、音声通話なら10,000円がキャッシュバックされる特典が開始されます。

通話代の節約を実現する「BIGLOBEでんわ 通話パック」

一定時間の通話をパック料金にした「BIGLOBEでんわ通話パック」が開始されます。その第一弾として10月1日より1時間分(2,400円相当)の通話料が650円となる「BIGLOBE でんわ 通話パック60」を提供開始。『BIGLOBEでんわ』は、090などの携帯電話番号がそのまま使えるアプリであり、60分を超える国内通話もBIGLOBE SIM通常通話料金の半額となる10円/30秒で利用できます。

MNPの乗り換えでスマホの不通期間がほとんど発生しない「らくらく乗り換えSIM」

これまでは自宅でMNPの手続きを行う際には、申し込みから新しいSIMが届くまでにスマホを使えない不通期間がありました。「らくらく乗り換えSIM」では、MNPを申し込み後も、それまで使用していたSIMをそのまま利用できます。新しいSIMの着荷後2日目には、自動的に新しい方のSIMに切り換わります。そこから任意のタイミングでコールセンターに電話してSIMの切り換えをすることが可能となるので、不通期間はほとんど発生しないことになります。

申し込み前の不安を解消するためのサポート強化

「BIGLOBE SIM」を実際に体感できる「お試しSIMスポット」が9月7日より全国に開設されます。 まずはヨドバシカメラマルチメディアAkiba、ヨドバシカメラマルチメディア梅田、スマホの窓口 スマート・スマート(浦和)に設置されます。そのほか、公式サイト上には格安SIMの解説ページや乗り換え前後の料金シミュレーションが用意されます。

また、BIGLOBE SIMは8月27日にネットワーク帯域の増強を行っています。オクトバでも速度測定をしていますが、実際、確かに先月までに比べ速度が出ているように思えます。

BIGLOBE SIMのお申し込みは以下からどうぞ。

関連情報

モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」のサービス強化について | プレスルーム | ビッグローブ株式会社
BIGLOBE SIM:安心・快適な格安SIM







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る