Potential Beta : 複数のスマホのバッテリー残量を確認できるアプリ!Chrome拡張でPCからも確認できる!

 

com.paranoidgems.potential-0

【アプリの特徴】

  • 複数の端末のバッテリー残量を表示できるアプリ
  • 残量が一定以下になると通知でお知らせ
  • Chrome拡張でPCでも確認できる

Potential Beta
価格:無料
開発:Paranoid-Gems


Potential Betaの使い方

『Potential Beta』は複数のスマホ端末のバッテリー残量を1つのスマホで確認できるアプリです。使い方はとっても簡単です。

com.paranoidgems.potential-1

まずはメールアドレスとパスワードを決めてアカウント登録します。
登録したら今使っている端末に名前をつけて保存します。(この名前はあとから変えることもできます。)

com.paranoidgems.potential-2

これで今使っている端末のバッテリー残量がアプリ内で表示されます。

同じように他の端末でも本アプリをインストールし、先ほど作ったアカウントでログインすると、最初の端末と2台分のバッテリー残量が表示されるようになります。

有料版なら台数無制限

com.paranoidgems.potential-3

残念ながら、無料版では1つのアカウントで2台の端末しか登録できません。
アプリ内から有料版を購入すると、この登録台数が無制限になる他、広告も表示されなくなります。

私は仕事柄10台以上の端末を所有しており、使おうとするとバッテリー切れということによく遭遇するので有料版を購入しました。

残量が少なくなったら通知でお知らせ

com.paranoidgems.potential-4

設定から「Low Battery Notifications」をオンにすると、その端末が指定したバッテリー残量以下になったときに通知で知らせることができます。この通知は同じアカウントで管理している端末すべてに表示されます。
これを使えば、バッテリーが無くなる前に気づいて充電できそうです。

ウィジェットでも確認

com.paranoidgems.potential-5

これも有料版の機能ですが、ウィジェットで残量を確認できます。
ウィジェットの大きさは2×1サイズですが、ホームアプリの機能で広げたりスクロールして複数の端末の状況を確認できます。

Chrome拡張を使ってPCでも確認

com.paranoidgems.potential-6

さらに、PC版のChromeで本アプリのChrome拡張を入れると、本アプリと同様に登録した端末のバッテリー残量をPCのChromeから確認することができます。
普段は家のPCで作業していて、いざ出かけるときにスマホのバッテリーがない、というミスをしたことがある人も多いでしょう。そんなひとにはこの拡張が便利です。
Potential Beta – Chrome ウェブストア

複数のスマホを同時に利用しているという方はそう多くはないと思いますが、そういう人にとっては本アプリのように複数端末を管理できるアプリは便利です。スマホをいくつも持っているマニアな方は、ぜひ本アプリもお試しください。




Potential Beta
価格:無料
開発:Paranoid-Gems





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Potential Beta
対応OSAndroid 4.1 以上
バージョン0.9.2
提供元Paranoid-Gems
レビュー日2015/10/30
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。