Android(>アンドロイド)ニュース

2016/08/6 Android(アンドロイド)ニュース

20160805ウェザー(1)

何かと雨の多い季節になりましたが、みなさんは突然の雨対策は万全ですか?

「ちょっとの雨なら・・・」と気にしない人もいるかもしれませんけど、そんな危機感のなさがもたらす大きな落とし穴としてあるのが「スマホの水没」。

濡れた衣服を通じてジワジワと進入する水気でも、スマホの水没探知は敏感に反応します。
 

ご存知のようにスマホの水没被害は修理の保証対象外であり、また最悪壊れてしまっては大事な電話帳や写真などのデータも丸々飛んでしまう可能性もありますので、この点は特に気をつけたいことでしょう。

そんな気をつけたい突発的な雨やゲリラ豪雨などの状況をスマホでチェックできるサービスがあります。

それがここで紹介する「ウェザーニュースタッチ」です。
 

【アプリの特徴】

  • 突然の雨でもあせらないですむリアルタイム情報をキャッチ!
  • 雲を撮影して天気を調べるユニーク機能を搭載!
  • 天候以外にも桜前線や花粉情報などの気象全般の話題をサポート

 



「ウェザーニュースタッチ」の「ゲリラ雷雨Ch.」で天候をチェック!

株式会社ウェザーニューズが配信している「ウェザーニュースタッチ」は、天気予報をはじめ星空やさくら、花粉、紅葉。ゲレンデといった季節の情報まで満載した、多機能型の天候アプリです。

その「ウェザーニュースタッチ」の新機能として搭載されたのが「ゲリラ雷雨Ch.」。

 

「ゲリラ雷雨Ch.」には、毎日最新の危険なエリアがわかる「ゲリラ雷雨可能性エリアマップ」や、ゲリラ雷雨が発生する30分前までに通知する「ゲリラ雷雨アラーム」のほか、「ゲリラ雷雨スカウター(AR)」を利用できることが大きな特徴。

特に「ゲリラ雷雨スカウター(AR)」は、スマホのカメラ機能で撮影した雲から今後の天候を把握することができるという機能性を持ち、精度の高い予想を知ることができるのです。
 

「ゲリラ雷雨スカウター(AR)」でリアルタイムな情報をゲット!

「ゲリラ雷雨スカウター(AR)」は、頭上や周りにある雲がどれだけ危険なのかを最新の雲専用の画像解析技術を用いて、レベル1〜100で即時に判定し、その結果をAR(拡張現実)技術を用いて表示するという優れもの機能。
 

20160805ウェザー (1)

頭上に怪しい雲がある時や、今後の雲の変化が気になる時などに利用すれば、その雲の危険度がリアルタイムにわかるため、傘を用意するなり雨の被害を受けない建物に逃げこむなどの身の振り方をできますので、とっても便利!

使い方ですが、カメラを雲にかざした瞬間にモクモクした雲の場合“色”と“形”からその雲の危険度をレベル1〜100で算出し、AR技術を用いて表示します。
 

20160805ウェザー (2)

リポート送信後の画面では雲の判定結果の解説を表示し、雲の知識がない方でもその危険性を把握できる仕組みとなっています。

8月は特にゲリラ雷雨が急増する予想が出ていますので、被害を最小限にするためにも「ゲリラ雷雨Ch.」を活用してみてはいかがでしょうか?
 
【ゲリラ雷雨スカウター】最新AR技術で危険可視化 | weathernews
 
 
android版はこちら
ios版はこちら







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る