Android(>アンドロイド)ニュース

2016/08/9 Android(アンドロイド)ニュース, Android(アンドロイド)マンガ

Myジャンプ

時代時代において少年たちのヒーローを数多く創出してきた漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」。

その発行元である株式会社集英社は、2016年8月8日よりスマートフォン向けマンガアプリ「Myジャンプ」の配信をスタートしました。

【アプリの特徴】

  • 「週刊少年ジャンプ」の漫画の中から好きなモノを購読できる!
  • 作品ごとではなく、お気に入りのエピソードだけをチョイスすることも可能
  • 関連情報やインタビューなどこのアプリでしか楽しめない機能も満載!




◆アプリダウンロードURL:
icon
 
icon

「週刊少年ジャンプ」関連の情報や漫画を閲覧できる!

「週刊少年ジャンプ」のマンガはもちろんのこと、ジャンプ関連のニュースやインタビューの配信など、このアプリでしか楽しむことのできない機能性に加えて、「週刊Myジャンプ」と「MyジャンプBEST」というふたつのモードがそなえられていることに大きな特徴があります。

「週刊Myジャンプ」と「MyジャンプBEST」の二代機能が誌面を創る楽しさを実現!

「週刊Myジャンプ」は同誌の作品の中から料金プランに応じて10あるいは20作品を自由に指定すると、それらの連載が毎週一回配信されるという「自分だけの週刊少年ジャンプ」を作ることができる編集機能が大きなウリ。

その対象となる作品のラインアップは幅広く、1970年代の「プレイボール」、80年代の「キン肉マン」、90年代の「DRAGON BALL」、現在連載中の「ONE PIECE」など、過去から現在までの人気作品の中から好みに応じてチョイスすることができます。

Myジャンプ

一方の「MyジャンプBEST」は、作品ごとではなく自分のお気に入りのエピソードを選んで自由に誌面を作成できるのが特徴で、「感動」や「熱血」、「最終回コレクション」というふうに自分ならでのセンスでテーマを決めて誌面を組み上げることができます。

なお、サービス開始当初の「週刊Myジャンプ」対象作品数はおよそ230ですが、順次拡充を予定しているとのことで、「Myジャンプ」の配信に合わせて電子化された作品なども加えられていきます。

Myジャンプ

SNSとも連携。ジャンプ関連のネット情報を紐付ける「ジャンプID」にも注目

また、「週刊Myジャンプ」「MyジャンプBEST」で作成した作品リストは、SNSを通じて共有・公開することができ、「MyジャンプBEST」では、リストを閲覧した別ユーザーがそのまま作品を購入できるのもユニークな点で、もちろん自分が他のユーザーのリストを閲覧することも可能です。

なお、ジャンプ関連の公式会員制度として新たに「ジャンプID」もスタートします。

購入履歴の管理や機種変更・故障対応でのデータ復元が容易になりますので、万一のトラブルの際にも安心して利用することができます。

ジャンプIDは、「ジャンプBOOKストア!」「少年ジャンプ+」でも共通利用される予定があるそうですので、ジャンプ関連の情報をまとめて利用することを考えているのでしたら、この機会に登録してみてはいかがでしょうか?

◆公式サイト
https://www.myjump.jp/

◆アプリダウンロードURL:
icon
 
icon

© SHUEISHA Inc.







関連記事




タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る