Android(>アンドロイド)ニュース

2016/08/9 Android(アンドロイド)ニュース

LGエレクトロニクスのSIMフリースマートフォン「LG X screen」が日本市場に投入されることが明らかにされた。また、サムスン電子は米国で「Galaxy Note 7」を発表した。変わり種では、ドッグカメラ「Furbo」という製品が面白い。



新製品

(1) LG X screen
LG X screenは、通常のディスプレイの上に、横に細長いサブディスプレイを搭載する点が最大の特徴。このサブディスプレイは1.76インチで、解像度は520×80ドット。それほど大きなエリアではないが、時計やちょっとした情報には十分なので、意外と便利かもしれない。

octoba-283_lgxscreen-01

注意事項は、LG X screenの購入先が限られること。ジュピターテレコムが提供するモバイル通信サービス「J:COM MOBILE」経由しか、現時点では販売チャネルが発表されていない。そのため、J:COM MOBILEのSIM/通信サービスとのセット購入しかない。

octoba-283_lgxscreen-02

(こちらは海外モデル。この画像の方がサブディスプレイがわかりやすい)

(2) Galaxy Note 7
サムスン電子は2日、米国でGalaxy Note 7を発表した。19日から米国を始めとする一部の国と地域で順次販売が始まるが、日本市場での発売に関してはまだわかっていない。しかし、大きく進化した端末だけに投入が楽しみだ。

octoba-283_galaxynote7-01

Galaxy Note 7はSペンも含めて防水・防塵仕様となり、より気軽に使えるようになった。雨の日などでも安心だ。さらに、Sペンの入力検出レートが従来比1.5倍の360Hzに上がったので、Sペンの使い勝手が大きく向上。

さらに、富士通の「arrows」でお馴染みの虹彩認証まで搭載している。もちろん指紋認証も搭載しているので、好きな方で画面ロックを行えばいいだろう。

(3) ドッグカメラ「Furbo」
最近は変わったIoTが色々と登場しているが、ドッグカメラFurboも面白い。Tomofun Co., Ltd.の製品FurboはAndroid/iOS、Apple Watchと連携できるスマートドッグカメラで、外出中でも愛犬の様子をライブ映像で確認できたり、写真の撮影ができたり、マイクとスピーカーを使ってコミュニケーションをはかったりすることができる。

octoba-383_furbo

さらに、Furboにはおやつを入れる場所があり、おやつをあげることもできる。

価格は38,880円。

→Furbo公式サイト

通信サービス

(1) FOMAからXiへの切り替えで「はじめてスマホ割」
NTTドコモ(以下、ドコモ)は、5日から「はじめてスマホ割」の提供を開始した。

この割引キャンペーンは10月31日まで行われる予定で、FOMAのユーザーを対象としている。FOMAユーザーがXiに契約変更し、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」「カケホーダイライトプラン」のいずれかに加入し、「シェアパック5-30」(子回線でも構わない)もしくは「データパック(S/M/L)」「らくらくパック」のいずれかのパケットパックに申し込むことで特典を受けることができる。

octoba-283_hajimete

(割引イメージ)

機種購入を伴わない場合でも構わないので、家族のお古のスマートフォンを譲り受けてスマートフォンデビューするような場合でもいい。

特典は最大で2年間にわたって基本使用料から毎月最大1,520円の割引を受けられるというもの。

(2) 京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間でエリア整備
京浜急行電鉄とドコモ、KDDI、ソフトバンクは8日より京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間において携帯電話サービスを利用できるよう、エリア整備の工事を開始した。2017年度以降にサービスを提供できるようになる予定。

octoba-283_keikyu

今回明らかにされたこの工事が完了した暁には、京急線全線のトンネル区間で携帯電話サービスを利用できる環境が整うので、利用者にとっては嬉しい。

あとがき

今週もポケモンGOの話ですが、現在レベルは13になりました。酷暑によって必要以上に出歩きたくないこともあって、仕事帰りなどに少しプレイする程度ですが、やはりこのゲームは結構良く出来てますね。

ポケモンGOが色々と問題視もされているようですが、歩きスマホ対策としては、普段は画面を見ずに歩くことをお勧めします。僕もそうしています。ポケモンが出現すると振動で分かります。さらに、ウチの近所にはポケストップが少ないこともあって、モンスターボールが慢性的に不足していることから最近はARモードは切ってプレイしています。この方がボールをより正確に投げられるのですが、スマホを人に向ける必要がないというメリットも生まれます。盗撮を疑われたくない、と心配な方はARモードをオフにすることをお勧めします。この2つの点だけでも結構違います。

GAPSISがお伝えしました。次回もお楽しみに!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る