Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2016/09/6 Android(アンドロイド)特集記事, コミュニケーション, ツール

LINEモバイル

以前本サイトのコチラの記事でも紹介していますが、ついに「LINEモバイル」のサービスの全貌が明らかになりました。

「LINE」を日常的に使い込んでいるのでしたら、実に多くのメリットを受けられる内容を持つだけに注目しているユーザーも多いことと思いますが、今回改めてその魅力について説明いたします。

利用を考えている&気になるのでしたら要チェックで!

【アプリの特徴】

  • 無料で通話ができる!
  • 豊富なスタンプで新感覚なコミュニケーションも可能!
  • ゲームや公式アカウントのほか多彩なコンテンツを収録!


LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


再確認!「LINEモバイル」とは?

かねてから発表されていた「MVNO事業」への参入ですが、先日の9月5日「LINEモバイル」の詳細が発表されました。

正式ローンチは10月1日
そしてこれに先駆けて本日から2万台限定の先行販売が開始されました。

LINEモバイル

なお、利用にあたって選ぶことのできる通話プランですが、今回の発表では「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」の2つが発表されています。

そして気になる各プランの概要についてを以下にまとめてみました。

LINEフリープラン

月額500円のプランです。
LINEの通話とトークは使い放題で1GBまでのデータ通信を利用することができます。

なお、オプションとしてはデータ通信とSMSを使用する場合はプラス月額120円、データ通信とSMSに音声通話も加えるとプラス月額700円(通話料金は20円/30秒)が用意されています。

LINEモバイル

コミュニケーションフリープラン

3GB~10GBの中から使いたい容量を選べる上に、LINE、Twitter、Facebookが使い放題です。

3GB→1,110円
5GB→1,640円
7GB→2,300円
10GB→2,640円

上記4つのプランが用意されており、容量が多くなるほどお得感がアップする料金設定です。

また、「LINEフリープラン」で有料だったSMSについては料金の中に含まれており、他にも転送電話と国際電話の利用(通話料金は別途かかります)、国際ローミングも無料で使用することができます。

オプションとしては、音声通話はプラス月額580円(通話料金は20円/30秒)で利用することが可能となり、他にもプラス月額300円で留守番電話、プラス月額200円で割込通話も用意されています。

LINEモバイル

目的に応じてプランを選択!

利用目的に応じて選択できるだけのプランが用意されていますので、どのような使い方をするのかシミュレートして選択しましょう。

なお、データ通信については目安を以下に掲載しますので、検討材料にしてみてください。

■1GBのデータ容量で行えること
・テキストメール (300文字)約66,000回
・ホームページ (300KB)約3,300回
・Youtube (360P)約4MB約4時間

■3GBのデータ容量で行えること
テキストメール (300文字)約198,000回
ホームページ (300KB)約9,900回
Youtube (360P)約4MB約12時間

見てもらうとわかりますように、1GBをベースに✕数値でおおよその容量を知ることができます。

現時点での最大データ容量は10GBで、これだけあれば一番容量を消費する動画再生でも40時間も見ることができます。

パソコンなどを使用せずに、インターネット関連はすべてスマホで済ませているのでしたら、10GBもあればほぼ問題なく利用することができそうです。

そこに加えて、さらにLINE、Twitter、Facebookが使い放題であるのが見逃せないポイントとしてあり、通常の投稿だけではなく容量を消費する画像や動画の投稿もカウントされないのはかなりデカイでしょう。

SNSを頻繁に使用していて通常のスマホではギリギリもしくはデータ容量の使用制限を突破しているような使い方をしているのでしたら、検討してみる価値は大きそうです。

LINEモバイル

その他にもこんな魅力が!

支払いはLINE PayでOK!さらに月額基本料の1%がLINEポイントとして付与されるのも嬉しいところでしょう。

また、LINEで友だちになっている「LINEモバイル」のユーザーに対してデータ容量を送りあえるのもユニークかつ便利なところで「今月は余ったんで分けるから来月はお願い!」というようなお互いにとってお得度の高いサービスも展開されるようです。

そして気になるデータ量についても難しい手順なしにいつでもどこでもLINE公式アカウントから最新の利用状況をご確認することができます。

もし興味があるのでしたら以下に公式サイトのURLリンクを記載しておきますので、そちらからじっくりと確認してみてください。

なお、利用申し込みもそこから行うことができ、気になる他社からの乗り換えやすでに持っている自分のスマートフォンで利用できるかどうかのチェックもできます。

■公式サイト
LINEモバイル





LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ
価格 無料
対応OS端末により異なります
バージョン 端末により異なります
デベロッパー名 LINE Corporation
レビュー日 2016/09/06

関連記事



Android(アンドロイド)特集記事カテゴリの最新記事

LINEモバイル:春の新生活を応援! 月額基本利用料最大3ヶ月分を無料に

短尺・マイクロ動画の可能性と、動画広告の活用ノウハウ・広告効果を事例を交えてご紹介!

スマホで写真年賀状2017:年賀状はスマホで作成! しかも豪華賞品が当たるお年玉年賀キャンペーンも開催!

ソフトバンク:キャンペーン情報! 「スマホデビュー割」を12月21日からスタート

ソフトバンク:大容量データプラン「ギガモンスター」がさらに安く!?

コミュニケーションカテゴリの最新記事

LINEバイト:待っているだけでバイトが見つかる!? 「オファー機能」のサービスをスタート

LINEモバイル:春の新生活を応援! 月額基本利用料最大3ヶ月分を無料に

『Live.me(ライブミー)』
3タップで誰でも簡単にライブ配信ができる話題の無料SNSアプリ!

LINE:総額5億円! 超ビッグなお年玉つき年賀スタンプで「LINEのお年玉」をゲット!

LINE:世界的な大ブレイクを果たしたあの人が「LINE」のゲームに!?

ツールカテゴリの最新記事

LINEバイト:待っているだけでバイトが見つかる!? 「オファー機能」のサービスをスタート

LINEモバイル:春の新生活を応援! 月額基本利用料最大3ヶ月分を無料に

LINE:総額5億円! 超ビッグなお年玉つき年賀スタンプで「LINEのお年玉」をゲット!

LINE:世界的な大ブレイクを果たしたあの人が「LINE」のゲームに!?

産経新聞:話題のニュースからエンタメ情報までを網羅!


タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る