LINE WORKS:「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供開始

 

「LINE」というと一般ユーザー向けのイメージが強いアプリですが、実はビジネスシーンでも活躍しているのをご存知でしょうか?

ここで紹介する「LINE WORKS」は“WORKING CLOSER”というコンセプトのもと「LINE」の使いやすさと業務上のコミュニケーションに求められる機能性・高い安全性を両立したサービスです。

images

「LINE WORKS」の特長

「LINE WORKS」は「LINE」同様の高度なコミュニケーション性能をビジネスシーンでも活用できることに大きな特徴があります。

社内での利用に加えて、顧客の「LINE」ともつながり、簡単にメッセージやスタンプのやり取りを行うことができます。

また、ビジネスの側面を考慮してスマートフォンだけではなく、PCでも同じ機能が利用できるのも大きな特徴です。

すべての機能が1つのアプリにまとまっており、各機能がシームレスに連携します。

業務での利用ということからキュリティと管理機能も万全の体制であることも見逃せないポイントでしょう

img_main_promo

「LINE WORKS」の機能について

「LINE WORKS」は「LINE」を踏襲したインターフェイスで使いやすさは抜群。

利用できるツールも手に馴染みやすいものばかりです。

トーク

「LINE」を踏襲した親しみやすいユーザーインターフェイスと使いやすさで、写真や動画、ファイル、位置情報を簡単に共有可能。

さらには音声・ビデオ通話も無料で利用できます。

組織やアドレス帳と連動するトークルームや情報の伝達漏れを防ぐための既読メンバーの個別確認機能など、法人向け特有の機能を備えています。

500

顧客や取引先ともつながる外部トーク連携

「LINE WORKS」でのトークは同様のサービス以外にも、「LINE」アプリを利用している顧客にも送信することができます。

もちろんセキュリティは万全です。

ホーム

チーム全体への情報共有や周知のための掲示板機能や組織やメンバー単位でアクセス権限を設定できます。

アドレス帳

階層型組織表現や兼務など日本の企業文化に対応済み。

連絡先からトークやメール、会議招集などに連携します。

メール

メール添付が難しい大容量ファイルも独自技術で送信可能です。

カレンダー

メンバー間の業務を効率化する予定共有機能も搭載。

予定から会議参加者へのチャットやメールとスムーズに連携します。

Drive

大容量クラウドストレージで、セキュリティを確保して社員や社外とドキュメントを共有することもできます。

管理機能

スマートフォンの紛失リスク対策などモバイル活用に対応した管理機能も搭載。

豊富なWeb APIで管理業務を自動化。

■ニュースソース
公式サイト







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者