Android(アンドロイド)ゲーム

Android(アンドロイド)ニュース, アドベンチャー

昨今のPCノベルゲームは、その内容の深さやシチュエーションの巧みさには舌を巻くものがあります。

かつてそれらのゲームというと、ユーザーに対して「キャラクターがかわいい」とか「興奮度が高め!」というようなことを前提にしている場合がほとんどでした。

しかし、90年代あたりに登場し始めた「内容ありき」なノベルゲームの台頭、その後の「エヴァ」や「魔法少女まどか☆マギカ」などのゲームと親和性の高いタイトルが影響を与えて、ますます内容重視のタイトルがリリースされるようになりました。

そして今回紹介する「さくら、咲きました。」も例外にもれず純粋にノベルティとしての完成度の高さが評価され、リリースから4年以上経つにも関わらず多くのユーザーから親しまれているタイトルなのです。

今更なんて言わないで! 名作は語り継ぐべし!

さて、前置きが長くなりましたが美少女ゲーファンにとっては、このタイミングで取り上げることに対して「いまさらかよ」というヤレヤレな溜息が聞こえてきそうですけれども、当然中にはお初の人がいるわけですから、紹介いたします。

そうです、名作に遅い早いは無し! 新しいファンに語り継いでいくべきなのです。

ということで、「さくら、咲きました。」についてですが、元はパソコン版としてリリースされたビジュアルノベルゲームでした。

しかし、その内容の深さが評価されてこれまでにもガラケー時代から移植され、今日ではスマホアプリ化。

完全移植ではありませんが、大事なエッセンスはキチンと抽出してアプリ化されていますので内容は折り紙付き!

かつてプレイした人でも「どこがどのように変わったのか?」という視点から楽しめば、以前とは違ったものが見えてくるかもしれませんよ!?

読めばハマる! ディープな世界観を堪能!

一見したところでは、ありがちな学園モノを彷彿とさせますが、この時代ははるか未来となる2238年のお話。

人は老化することなく永遠に生き続けることができるようになり、まさにエンドレスなこの世の春を謳歌していました。

「春眠暁を覚えず」。

誰もが死に悩まされることなく、ゆるい日常を過ごしていたそんな時代に、突如巨大隕石が接近。

回避は不可能。
人類は滅ぶ!?

そんな現実に直面した主人公、そして親しい友人たちとの永遠と終わりについてのドラマが展開します。

春の夜の夢のように儚く、淡く、そして濃い。

彼ら彼女らの視点からはシリアスな生きること・死ぬことについてかいま見ることができるはずです。

説明はここまで。これ以上のことはあえて言及しません。

ここから先のお話はあなた自身の目で確かめてみてもらいたいからです。

架空の世界ながらなぜかとても親近感のある、リアルでシビアな甘酸っぱいだけではない青春物語をぜひとも堪能してみてください。

■ソース
ダウンロード

なお、auスマートパス版は無料でプレイ可能です。





さくら、咲きました。
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 さくら、咲きました。
価格 無料
バージョン
デベロッパー名 萌えAPP
レビュー日 2017/03/03


関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

Dr. Mario World(ドクターマリオ ワールド):ケンコバが「ドクターマリオ ワールド ウイルス撃退選手権」開催!「LINE LIVE」で大会の様子を生配信!
NEWS:カプコンの15名の現役デザイナーがポートフォリオを大公開! 東京・7/28(日)、大阪・8/4(日) カプコンポートフォリオ相談会を開催
ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス デジタル アルティマニア:配信開始!
先週のニュースまとめ
OPPOがアンダースクリーンカメラ発表!auとソフトバンクが5Gインフラの一部を共有へ【2019年6月29日 ~ 2019年7月5日】
LINE:16人 vs 16人のはちゃめちゃチームバトルを体感せよ! 「LINE ゴッタマゼイヤー」本日より事前登録スタート!

アドベンチャーカテゴリの最新記事

『静江2 ~無限回廊からの脱出~』マジで怖い!リアルなホラー脱出VRゲーム
『ファラウェイ2:ジャングル・エスケイプ』古代遺跡探検!脱出パズルアドベンチャー!
『一緒に行きましょう逝きましょう生きましょう』死に続ける少女と旅をする短編ノベルゲーム
『お嬢様はご機嫌ナナメ』萌えゲーアワード・純愛系作品賞・金賞作品
『終わる世界とバースデイ』終末予言!?恐怖と感動の名作アドベンチャー


タグ: ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る