Google:電話アプリで緊急通報時に位置情報を画面表示!

 

「電話アプリ」と聞いてもあまりピンとこない人もいるのではないでしょうか?

Android端末を購入すれば自動的に搭載されているものなだけにあまり気が付かないところではありますが、ちゃんとGoogle純正のアプリとしてあるのです。

今回はそんな、もっとも身近で気が付きづらい「電話アプリ」に関する話題です。

「電話アプリ」がバージョンアップ!

Google Playストアを覗くと、その名もズバリ「電話」というアプリを確認できます。

普段気にすることなく利用している人も多いかと思いますので、これが初見ということもあるかもしれませんね(笑)

さて、この電話アプリですが、一部端末において新機能が追加されました。

最新版となるv9.0より緊急通報時の位置情報をスマートフォンの画面に表示されるようになります。

緊急通報は「110」「119」「118(海上保安庁)」を指し、この番号へコールしたときにはスマートフォンの画面にその場所の位置情報が表示。通話相手から現在地を聞かれた場合でも画面を見るとすぐに確認することができるのです。

緊急通報時は大概においてパニクっていることがほとんどでしょうから、これは意外と便利な機能と言えそうですね。

同機能に対応しているのはAndroid 6.0(Marshmallow)以降を搭載した Pixel、Nexus、Android One、Google Play Edition の各端末です。

■ニュースソース
公式アプリ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者