Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2017/06/6 Android(アンドロイド)ニュース, コミュニケーション, ツール

AI搭載やした美少女アプリの話題については、これまでも紹介してきましたが、今回もそんな話題のひとつ。

ビットエー、パナソニック、BEDORE、アニメイトラボ、NAZ Animation STUDIOなどとの共同開発で『動いて喋るアニメFAQ-bot:結(ゆい)』を公開しました。

写真を見てもわかるようにかなりハイクオリティなキャラクターですね!

気になる詳細を以下に!

『動いて喋るアニメFAQ-bot:結(ゆい)』とは!?

『動いて喋るアニメFAQ-bot:結(ゆい)』とは、パナソニックが運営する会員制サイト『CLUB Panasonic』公式アプリ内から利用が可能な家電FAQ-botです。

動いて喋るキャラクター「結 (ゆい)」とチャット形式での会話を通して、家電FAQやキャンペーンなどの情報を知ることができます。

公開期間は6月30日までの期間限定ですので、何はともあれ一度は会話を楽しんでみましょう!。

【1】プロジェクトの背景と目的

主に人間のオペレーションリソース負荷を軽減する目的で普及が進んでいるチャットbot。

人間の代わりとして稼働するだけではなく、利用ユーザーが楽しめる体験として提供することはできないのだろうか?

そんな仮説から生まれたのがCLUB Panasonicの動いて喋るアニメFAQ-bot「結」プロジェクトです。

単なるチャットbotとしてではなく、キャラクターとして設計された「結」にアクションと声を与え、つたないながらも『接客』することができるのではないか。

そんな挑戦が、このプロジェクトの骨子であり目的となります。

【2】FAQ-bot:結(ゆい) の仕様について

株式会社BEDOREの自然言語処理技術を用いた汎用型対話エンジンBEDORE (ベドア) を採用し、ユーザーの発話を解析・分類。

アニメーションや音声の再生、および応答文生成のトリガーとしています。

【3】企画・開発部分の実施体制

企画:パナソニック株式会社

全体設計 / プロデュース:株式会社ビットエー デジマラボチーム

対話エンジン開発 / カスタマイズ:株式会社BEDORE

【4】アニメーション部分の制作体制

キャラクターボイス:佐倉 綾音

キャラクターデザイン:Nob-C

アニメーション制作:NAZ Animation STUDIO

プロデュース:株式会社アニメイトラボ

■ニュースソース
CLUB Panasonic アプリ
FAQ-bot「結」Web版






関連記事



Android(アンドロイド)ニュースカテゴリの最新記事

オークファン:フリマアプリ「フリル」とデータ連携を開始!

先週のニュースまとめ
ソニーの社内ベンチャーからFES Watch U登場!LINEが新展開!【2017年6月10日 ~ 2017年6月16日】

ドワンゴジェイピー forスゴ得:アプリの起動だけで、着うたやビデオクリップがダウンロードできるポイントをゲット!

LINE MUSIC:2周年を記念したライブイベント「LIVE FREELY LINE MUSIC 2nd Anniv. SPECIAL」を開催

BOOK☆WALKER:『弱キャラ友崎くん Lv.4』発売記念企画! 「リア充になりたい!」読者のお悩み募集中!

コミュニケーションカテゴリの最新記事

King:【リサーチ】現代人の過半数がスマホゲームでストレスを解消

LINE:LINEから簡単お得に買い物が楽しめる「LINEショッピング」がスタート!

LINE Creators Studio:自分専用のLINEスタンプをつくれるスタンプ制作販売アプリ「LINE Creators Studio」を公開

うたパス:『板野友美「#いいね!」発売記念キャンペーンを展開!

LINE:父の日のプレゼントに「LINEギフト」の“肩たたき券”を贈ろう!

ツールカテゴリの最新記事

King:【リサーチ】現代人の過半数がスマホゲームでストレスを解消

LINE:LINEから簡単お得に買い物が楽しめる「LINEショッピング」がスタート!

LINE Creators Studio:自分専用のLINEスタンプをつくれるスタンプ制作販売アプリ「LINE Creators Studio」を公開

うたパス:『板野友美「#いいね!」発売記念キャンペーンを展開!

LINE:父の日のプレゼントに「LINEギフト」の“肩たたき券”を贈ろう!


タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る