Android(>アンドロイド)ニュース

2018/06/18 Android(アンドロイド)ニュース

スマートリモコン「Nature Remo」に小型版「Nature Remo mini」が登場します。発売日は6月下旬以降ですが、すでに予約受付は始まっています。また、「cheero」シリーズからBluetoothスピーカー「cheero Danboard Wireless Speaker」が登場します。ダンボーファンには大注目の製品ですね。新サービス面では、Amazon.co.jpで「Amazon Prime Videoチャンネル」の提供が始まりました。



新製品

(1) Nature Remo mini

Nature Japanが11日、スマートリモコン「Nature Remo mini」を発表しました。本製品は既存モデルである「Nature Remo」の小型版で、価格も約半額と安価になっています。一部機能はカットされていますが、ボディが若干小型化され、安価になったことで、今までよりもNature Remoの環境を家に導入しやすくなりそうです。

Nature RemoとNature Remo miniの大きな違いは前述した価格とサイズですが、機能面では一部のセンサーがカットされています。例えば、Nature Remo miniでは湿度を測れませんし、人感センサーも省かれていますし、照度センサーもありません。しかし、個人的な感覚を言えば、それらを必要とするユーザーは少ないと思いますし、実際、それもあって今回の製品ではカットされたのだと思います。

温度センサーは搭載されていますので、エアコンをNature Remo miniを使ってコントロールしたい場合、温度をトリガーとした自動起動なども可能です。

そもそもNature RemoおよびNature Remo miniは赤外線リモコンの操作を中継し、Wi-Fi/ネット経由で遠隔操作できるようにするものです。スマートフォン、スマートスピーカーから遠隔で操作できるようになります。
Nature Remo公式サイト

(2) cheero Danboard Wireless Speaker

「cheero」ブランドから新たな製品が登場です。Bluetoothスピーカー「cheero Danboard Wireless Speaker」が発売となっています。現在は発売記念価格の2,980円ですが、いずれ通常価格の3,680円に戻ります。

cheero Danboard Wireless SpeakerはAUX端子も搭載されているので、有線接続して使うこともできますが、Bluetoothも搭載しているので、Bluetoothスピーカーとしても使えます。また、単品だけでなく2つの製品をペアリングすることでステレオスピーカーとしての使用も可能です。

大きな特徴として、筐体に木材が採用されています。チェコ産のブナの木からの削り出しボディで、個体差があるので、どのような色と柄の製品が来るのか楽しみでもありますね。
cheero Danboard Wireless Speaker製品ページ

サービス

(1) Amazon Prime Videoチャンネル

Amazonの動画配信サービスに新たなサービスが追加されました。その名も「Amazon Prime Videoチャンネル」です。チャンネルという言葉が入っているように、CS放送のように様々な番組配信チャンネルが登場しました。

まさにCSのように「J SPORTS」や「時代劇」専用チャンネルNET」「アジアドラマチャンネル」「ナショナルジオ ワイルド」「BBCワールドニュース」など、必ずしもCSに存在するチャンネルのAmazon Prime Videoチャンネル版というわけでもありませんが、様々なチャンネルの番組を視聴できます。各チャンネルは有料で、それぞれ個別に料金設定がされていますが、いずれも月額課金です。

通常のCSの場合はアンテナ設置かケーブル契約が必要ですし、基本料も含めると結構な出費になりますし、全体的に面倒な部分がありますが、オンデマンドサービスの場合はそうした面倒さからは解放されます。このAmazon Prime Videoチャンネルでのサービスも同種のメリットがありますが、残念ながら現時点では不足した部分もあります。というのも、完全にオンデマンドのサービスで、リアルタイム配信番組がないためです。そのため、例えばJ SPORTSを契約してもライブ中継番組を視聴できません。

しかし、将来的には一部のチャンネルではライブ配信もされるようになるようなので、そうなってからはかなり有力な選択肢になりそうです。

(2) UQ mobileの機種変更が店頭で可能

UQコミュニケーションズのモバイル通信サービス「UQ mobile」において、機種変更をできる場所が増えました。従来はオンライン受付のみでしたが、新たにUQ mobile取扱店舗でも可能となりました。すなわち、ドコモやau、ソフトバンクのように店頭での機種変更ができるようになったということです。

UQ mobile取扱店は、専用ショップである「UQスポット」を含めて現時点で全国に174店舗ありますので、家電量販店で見かけたことのある方もいると思います。

今後は店頭でも機種変更をできるので、UQ mobileを長期的に使う際の不安点の一つが解消されたことにもなります。

あとがき

Nature Remo miniはNature Remoの約半額です。これなら導入を考える方も出て来ると思いますが、実際に結構便利なのでオススメです。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る