リネージュ2 レボリューション:サーバーを超えた最強血盟を決める戦い「LRT血盟王者決定戦 SEASON2」11月18日(日)に、準々決勝を生配信!

 
リネージュ2レボリューション(Lineage2 Revolution)
価格:無料
開発:ネットマーブルゲームズ


ネットマーブル)が配信する、スマートフォン向け超巨大マルチバトルRPG 『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』において、サーバーの枠を超えた最強血盟を決める戦い「LINEAGE2 REVOLUTION TOURNAMENT 血盟王者決定戦 SEASON2」(以下、「LRT血盟王者決定戦SEASON2」)の4回戦となる準々決勝の模様を、11月18日(日)にYouTube Liveにて生配信することを発表しました。

◆ サーバーの枠を超えた最強血盟を決める戦い!LRT血盟王者決定戦 SEASON2を開催中!

最強の血盟を決める戦い「LRT血盟王者決定戦SEASON2」を11月10日より開催しています。

本イベントは、サーバーの枠を超えた血盟戦闘力上位64血盟に参加資格が与えられ、大会特別ルールの「要塞戦」トーナメントにより最強血盟の座を争います。

優勝血盟にはオリジナルの血盟紋章やマント、騎乗ペットなどの豪華報酬が与えられます。

◆ LRT血盟王者決定戦のベスト16が決定!11月17日に第3回戦、18日に第4回戦を開催!

11月11日(日)に「LRT血盟王者決定戦SEASON2」の第2回戦を実施し、ベスト16となる第3回戦の進出血盟が決定しました。

今回も戦闘力順位が相手より低い血盟が、上位血盟を倒すという戦いがいくつも見られ、要塞戦の奥深さが伺える結果となりました。

第3回戦は11月17日(土)に、第4回戦は11月18日(日)に連日で実施される予定です。

< 「LRT血盟王者決定戦 SEASON2」 第2回戦結果(トーナメント表) >

◆ 11月18日(日)に、準々決勝となる第4回戦を生配信!ベスト4を決める戦いを見逃すな!

11月18日(日)に行われる第4回戦は、YouTube Liveにて生配信を予定しています。

最強血盟ベスト4が決まる戦いを、ぜひリアルタイムで視聴しましょう!

「LRT血盟王者決定戦 SEASON2」の詳細や今後の予定については、特設サイトにて紹介されています。

■「LRT血盟王者決定戦SEASON2」大会スケジュール

・2018年11月17日(土):3回戦(ベスト16)

・2018年11月18日(日):4回戦(ベスト8)

・2018年11月25日(日):準決勝、3位決定戦、決勝戦(2勝先取制最大3試合)

※スケジュールは変更となる場合がございます。

■YouTube Live “【リネレボ】LRT 血盟王者決定戦 Season2 BEST8 生放送” 視聴URL
https://youtu.be/qHRN7zMHU80

■「LRT血盟王者決定戦SEASON2」特設サイト
https://l2.netmarble.jp/event/tournament/

『リネージュ2 レボリューション』とは

『リネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)』は、PC向け MMORPG『リネージュ』シリーズにおいて、日本を含む世界各国でサービスを展開し人気を博している 『リネージュ2』 を、手軽にスマートフォンで遊べるように進化させたモバイルMMORPGです。

ゲームエンジンにはアンリアルエンジン4を採用し、スマートフォンゲームにおける最上級のグラフィッククオリティで原作の世界観を表現しています。

多くのユーザーが集まるフィールドは、スマートフォンゲーム史上最大規模のオープンワールドとなっており、広大なマップを移動することが可能です。

また、時間と場所にとらわれずに行なうことが出来るリアルタイムの戦闘は、MMORPGの醍醐味である大人数が同時にプレイすることの真の楽しさを体感することができます。

■ニュースソース
公式サイト お知らせ一覧




リネージュ2レボリューション(Lineage2 Revolution)
価格:無料
開発:ネットマーブルゲームズ



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名リネージュ2レボリューション(Lineage2 Revolution)
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元ネットマーブルゲームズ
レビュー日2018/11/19
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者