Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2019/02/23 Android(アンドロイド)ニュース

トーンモバイルが新スマートフォン「TONE e19」を発表しました。発売日は3月1日です。フリマアプリ「メルカリ」を展開するメルカリグループからもスマホ決済サービスが登場です! その名も「メルペイ」が提供開始となっています。さらに、ギフトカード「QUOカード」のデジタル版「QUO カード Pay」が登場です。また、auが「au ID」、そして「WALLET ポイント」、今後投入予定の決済サービス「au PAY」をオープン化することを明らかにしました。



新製品

(1) トーンモバイル、TONE e19

トーンモバイルがスマートフォン新製品TONE e19を発表しました。すでに予約受付を開始していて、発売日は3月1日の予定です。価格は19,800円。

トーンモバイルは、いわゆる「TSUTAYAのスマホ」で、TSUTAYAの対応店舗が主な販売チャネルとなっています。加えて、ウェブ、そして「カメラのキタムラ」でも取り扱っています。

TONE e19は、価格からも想像できると思いますが、エントリークラスのスペックのスマートフォンですが、トーンモバイルならではのAIを活用した安心見守りサービス「TONE あんしん AI」をサポートすることが大きな特徴となります。

今回のTONE e19は全世代向け製品とされていますが、「TONE あんしん AI」は基本的には子供向けのサービスなので、主なターゲットはやはり子供世代だと思います。「TONE あんしん AI」では、指定エリアへの出入りを通知してくれたり、指定エリア内で使えるアプリを制限できたり、日々の利用時間や歩数等をレポートしてくれる機能などを利用できます。

加えて、AIを活用して、それらの機能のオススメ設定を教えてくれたり、より適切な制御ができるようにAIがサポートしてくれます。

TONE e19自体は5.93インチのディスプレイ、Snapdragon 450、3GBメモリ、32GBストレージを搭載したAndroidスマートフォンです。詳しくはこちらの記事を参照ください。

決済サービス/電子マネー

(1) メルペイ

メルカリの子会社であるメルペイがスマホ決済サービス「メルペイ」の提供を開始しました。ただし、まずはiOS版からです。

メルペイは将来的にはQRコード決済サービスなども導入予定ですが、今のところはNTTドコモ(以下、ドコモ)の「iD」のみに対応しています。どういうことかと言うと、iD経由での決済になります。逆に言えば、iD対応店でメルペイを使えることになりますので、対応店舗が最初からかなりの数に上ることになります。

一方、メルペイへの残高チャージはメルカリの売上高か銀行口座経由しか、今のところはできません。将来的にはクレジットカードにも対応する予定です。

現時点の使用の流れは、iD対応店舗でメルペイを使う旨を伝えて、読み取り機にスマホをタッチ(かざす)すると支払いが完了します。支払額の引き落としはiDを介して行われることになります。

(2) QUO カード Pay

クオカードが「QUOカード」のデジタル版となる「クオ・カード ペイ(QUO カード Pay)」の提供を3月14日より開始します。

QUO カード Payはデジタルギフトですが、スマホ決済サービスの要素も備えています。50円から10万円までの範囲で自由に金額を設定して購入できて、それを手軽に人に贈ることもできます。

贈られたQUO カード Payは、アプリ不要で使えますので、贈る方も贈られる方も使い方調べに手間をかけずに済んで楽、というのが大きな特徴です。QUO カード Payはスマートフォンに表示されるバーコードをレジで読み取ってもらえば支払い完了です。
クオカード公式サイト

KDDI/沖縄セルラー

(1) au ID、ポイント、決済サービスをオープン化

KDDIが「au ID」、「WALLET ポイント」「au PAY」をauユーザー以外にも開放することを明らかにしました。そして今夏以降、「au WALLET アプリ」でそれらのサービスを一纏めに扱えるようになります。

また、au PAYはいわゆるスマホ決済サービスですが、まだauユーザーにも提供されていません。しかし今後、スタートダッシュを一気にかけるためにもオープン化は必須と言っていいかもしれません。

KDDIは決済、金融関係のグループ会社の社名変更も行います。次の通りです。

・じぶん銀行→auじぶん銀行
・KDDIフィナンシャルサービス→auフィナンシャルサービス
・ウェブマネー→au PAY
・KDDIアセットマネジメント→auアセットマネジメント
・KDDI Reinsurance Corporation→au Reinsurance Corporation
・カブドットコム証券→auカブコム証券

あとがき

自社サービスの一般公開はドコモがかなり進んでいますが、KDDIも今後加速しそうです。KDDI(au)のコンテンツサービスも一部はすでに一般開放されていますが、全部ではありません。また、ドコモのサービスでは使用アカウントが「dアカウント」に一本化されていますが、auのサービスの場合、「au ID」にまとまってはいません。それも最終的にはまとまりそうですよね。そして、au PAYがどれくらいの速度で普及するのかにも注目ですね。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る