Android News

Android(アンドロイド)ニュース

キングジムのラベルプリンター「テプラ」にスマートフォン専用モデル「テプラLite LR30」が登場です。スマートフォンでデザインして手軽にプリントできる新型テプラです。米Googleが米国で緊急通報に関する新機能を発表しました。喋られない状態でも画面をタッチ操作するだけで緊急通報できます。また、モバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」が「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」がパートナーシップ契約を締結しました。



新製品

(1) テプラLite LR30

キングジムから8月20日にラベルプリンター「テプラLite LR30」が発売となります。価格は6,800円(税抜)です。

テプラLite LR30は、テプラシリーズでは初となるスマートフォン専用テプラです。スマートフォン向けに開発されている専用アプリ「TEPRA Lite」を使って手軽にデザインしたラベルをテプラLite LR30でプリントできます。スマートフォンとはBluetoothで接続し、手軽にプリントできます。

デザイン素材としてテンプレート、フォント、画像などが色々と用意されていますので、手軽に質の高いデザインのラベルを作り上げることができます。

テプラLite LR30製品ページ

緊急通報機能

(1) Googleの緊急通報機能

米Googleが緊急通報に関する新しい機能/サービスを発表しました。

警察や救急などの緊急通報を喋らずに行うことができる機能です。具体的にはMedical、Fire、Policeに掛けることができますが、画面に表示されたメニューを選んでいくだけで通報できます。そして、相手には自動音声が選択メニューに沿って声で伝えてくれます。その音声メッセージ自体も画面に表示されます。

米国向けサービスなので、グローバルで展開されるかどうかは分かりませんが、便利なサービスなので日本への導入も期待したいところですね。

アプリ

(1) ポケモンGOとChargeSPOTがパートナーシップ締結

位置情報ゲーム、ポケモンGOがモバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」とのパートナーシップ契約を締結しました。これによってChargeSPOTのスタンドが「ポケストップ」としてゲーム内に登場しています。

また、キャンペーンも実施中です。

このキャンペーンでは、ChargeSPOTを無料で利用できるクーポンが配布されます。ChargeSPOTは、1時間150円でモバイルバッテリーを借りることができるサービスです。1時間を超えると48時間までで300円、それ以後、買い取ることもできます。

ドコモ

(1) ドコモの一部機種でLINE対応終了へ
NTTドコモ(以下、ドコモ)の一部の機種で「LINE」アプリのサービス提供が終了することが明らかにされています。通知が届かなくなったりしますので、注意が必要です。

例えば、「らくらくスマートフォン F-12D」「スマートフォン for ジュニア2 SH-03F」などLINEアプリのバージョンが7.16.1未満の機種においては、9月頃よりトークの閲覧やバックアップを含めてLINEアプリの全ての機能が利用できなくなります。

さらに、2020年3月頃にLINEのプッシュ通知機能が停止となります。LINEアプリを起動してトーク内容を確認することはできますが、起動していない時の通知が届かないので不便になります。

詳しくは下記リンク先のページを参照して下さい。
一部機種でのLINEアプリサービス提供終了、プッシュ通知機能の停止に関するお知らせ

あとがき

テプラにスマートフォン専用モデルが登場します。テプラ以外にもスマートフォンからBluetoothで印刷できるモバイルプリンターは結構ありますが、テプラブランドのラベルプリンターに超小型モデルが登場するのはニュースの一つですね!

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る