LINE:『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』3部作がデジタルトレカになって登場! 本日より「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』名場面コレクション」をVVIDで販売

 
LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation


LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、2007年より公開されている『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとのコラボレーション企画「エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト」を始動、LINE公式アカウントの開設、LINEスタンプ発売、「LINE LIVE」でのシリーズイッキミ配信に続き、デジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」でのデジタルカードコレクションの発売が決定しました。

デジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」は、アーティストやアイドル、コスプレイヤーなどの人物をはじめ、アニメ、映画、ホビーなど様々なデジタルトレカをコレクションすることができるデジタルトレーディングカードプラットフォームです。

この度、「VVID」と大人気アニメシリーズ『エヴァンゲリオン』のコラボレーションが決定。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品の中から、名場面の数々が「VVID」のデジタルカードになって登場いたします。

1995年のTVシリーズ放送で社会現象を巻き起こした『新世紀エヴァンゲリオン』。2007年からは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズとして再始動し、『:序』『:破』『:Q』の3作が公開されいずれも記録的大ヒットを記録、先月4日には、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』から放送25周年を迎え、最新作となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は2021年1月23日に全国公開が決定しています。

第一弾として『シン・エヴァンゲリオン劇場版』公開まであと80日となる本日より『「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」名場面コレクション』(全36種)の販売を開始します。

さらに、11月中には、「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』名場面コレクション」、12月には「『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』名場面コレクション」の発売も予定し、最新作の公開までの期待値を高める内容になっています。

『「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」名場面コレクション』(全36種) には、碇シンジによる「逃げちゃダメだ」「やります。僕が乗ります」、綾波レイの「あなたは死なないわ」「私が守るもの」といった名セリフと共に、ヤシマ作戦をはじめとしたエヴァンゲリオンと使徒とのバトルシーンなど数々の名場面が映像・音声と共にVVIDにデジタルカードとして補完されています。

さらに、公開したVVID 特別映像(URL:https://youtu.be/pfM-6iG_HWg)では、碇ゲンドウの声優をつとめる立木文彦がナレーションを担当。

VVIDに『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品の名場面を集める「名場面補完計画」が発動されたことを伝えています。

LINEでは、これまでも『エヴァンゲリオン』シリーズと様々な企画を展開しており、2019年には、フランス・パリで開催されたJAPAN EXPOにて「『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦」を「LINE LIVE」にて生配信、今年5月には「エヴァンゲリオン×LINEプロジェクト」を始動し、8月には「エヴァ文字」でお馴染みの「エヴァンゲリオン マティスフォント」LINEスタンプを発売、10月には『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズのイッキミ配信を行ったほか、今後もLINEサービスとのコラボレーションを準備中です。

「VVID」アプリ ダウンロード

App Store / Google Play
https://lin.ee/VvegnJ9/ewgt

【LINE公式アカウント】

「エヴァンゲリオン×LINE プロジェクト」

友だち追加URL : https://lin.ee/4p62JVrLE

LINE ID : @eva-line

「VVID」は、これまでオフラインで展開してきた “好き”という熱量をオンライン化しデジタルカードとして展開することで、これまでにない「新しい文化」の創造を目指すとともに、エンターテイメントに携わる様々な方とともに業界全体が盛り上げられる環境を提供していきます。

【デジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID」概要】

アーティストやアイドル、アニメ等のコンテンツをオンラインで販売。

アーティストやアイドル、インフルエンサー、クリエイター、コスプレイヤー、アニメ、漫画など、様々なジャンルの写真や動画がデジタルトレカになって登場。

手に入れることが難しい限定コンテンツが多数。デジタルならではの、仕掛けもたくさん!

普段公開されていないオフショットの写真や動画など「VVID」でしか見ることができない撮りおろし写真も。

スマホの画面を“指で擦る”ことで隠れていた画像が見れたり、スマホを傾けることで見え方が変わったりする、特殊な仕掛けも、カードと一緒に楽しむことができます。

集めたデジタルトレカは、もちろんトレードも可能。ファン同士で楽しめます。

コレクションを集めるファン同士で、カードのトレーディング(売買・二次流通)が可能。

カード発行No.(シリアルナンバー)が登録されており、手に入れたカードを出品したり、希少ナンバーのカードをはじめ、集められなかったカードや、レアなスペシャルカードをストアで手に入れることもできます。

サービスサイト https://vvid.app/

公式Twitter https://twitter.com/VVID_JP

公式note https://note.com/line_vvid

App Store https://lin.ee/SfpDQ05/ewgt/vvid/ios

Google Play https://lin.ee/qssDADA/ewgt/vvid/android




LINE
価格:無料
開発:LINE Corporation



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名LINE
対応OS端末により異なります
バージョン端末により異なります
提供元LINE Corporation
レビュー日2020/11/5
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者