auスマートパス対応アプリ

『Aqua Mail Pro for auスマートパス』豊富な種類のカスタマイズが魅力のメーラー

 
Aqua Mail Pro for auスマートパス

【アプリの特徴】

  • 複数のメールアカウントのメールを一括で整理・管理できる!
  • 200種類以上のカスタマイズによって自分好みのメーラーにできる!
  • ホームに貼り付けられるウィジェットも便利!
Aqua Mail Pro for auスマートパス


『Aqua Mail Pro for auスマートパス』の概要

『Aqua Mail Pro for auスマートパス』は、複数のメールアカウントのメールを一括して整理・管理できるメーラーアプリです!

Androidスマートフォンのユーザーであれば、基本的に『Gmail』のメールアドレスを使われていると思いますし、『Gmail』には外部メールアカウントのメールを取り込んだり送信できる機能もありますし、ラベル管理が便利なので、全てのメールを『Gmail』で一括管理している方も多いと思いますが、Gmailと外部メールを分けて管理したい方もいると思いますし、Gmailアプリ好みに合わない方もいると思います。それこそラベルじゃなくフォルダ管理の方が良いという方も大勢いると思います。

その点『Aqua Mail Pro for auスマートパス』はまた異なる特徴を持ちますので試す価値ありです!

『Aqual Mail Pro for auスマートパス』でも、『Yahoo!メール』『Hotmail』、プロバイダ提供メールや独自ドメインのメールなど、様々なメールをひとまとめで管理できます。

また、『Aqua Mail Pro for auスマートパス』は、カスタマイズ機能に魅力を持つメーラーなので、色々と細かく調整したい方には向いているでしょう! カスタマイズできる種類は200以上に及びます!

用途に合わせてメールを選別して表示する『スマートフォルダ』機能もありますし、日付、時間、未読/既読の有無、件名などでのソート、お気に入り機能など、オーソドックスな機能ももちろん一通り備えていますし、フィルタリングも普通にできます。

ホーム画面に貼れるウィジェット機能も搭載していますので、アプリを起動せずにホーム画面でパッと確認することもできます!

ウィジェットからワンタップでメールの受信画面と新規メールの作成画面にアクセスできるので手軽です!

なお、『Aqua Mail Pro for auスマートパス』は、『Aqua Mail』の多機能版に相当する『Aqua Mail Pro』の『auスマートパス』版となります。

そのため『Aqua Mail Pro for auスマートパス』では、登録できるメールアカウント数が無制限だったり、広告が非表示だったりといった具合に本来は有料の機能が1,100円相当分開放されています。一方で、『Aqua Mail Pro』のフルバージョンは19.99ドルなので、実はもっと多機能でもあります。

ただ、注意したいのは『auスマートパス』のアプリ取り放題コーナー自体が2021年1月にリニューアル予定とされているため、本アプリの提供が続くのかは分かりません。そのため、これから本アプリのためだけに『auスマートパスプレミアム』への新規加入を考える場合には注意が必要です。しかし、すでに加入している方が試す分にはいいでしょう。

また、そもそも無料の『Aqua Mail』もGoogle Playで配信中なので、まずはそちらを試すのが無難かもしれません。基本的な機能は概ね試すことができますし、Google Playで配信しているアプリはauユーザーでなくとも利用できます。

『Aqua Mail』の概要を30秒でチェックできる公式の紹介動画もチェックしてみましょう!

まとめ

『Aqua Mail Pro for auスマートパス』は、複数のメールアカウントをひとまとめに管理できるメーラーです。カスタマイズ性が高いことも特徴の一つなので、auスマートパスのユーザーはauスマートパス版を、ドコモやソフトバンクのユーザーなどはGoogle Playで無料の『Aqua Mail』から試すことをお勧めします!

最優秀マッチングアプリ人気9選|編集部が徹底検証した厳選アプリ!



Aqua Mail Pro for auスマートパス





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Aqua Mail Pro for auスマートパス
対応OSAndroid 5.0 以上
提供元アップ・スウェル株式会社
レビュー日2020/11/28
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者