Android(>アンドロイド)ニュース

2015/03/4 Android(アンドロイド)ニュース

20150304_os_share_00

Googleは、2015年3月2日までの7日間で集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
Android 4.4(KitKat)が前回の39.7%から40.9%に上昇し、初めて4割を超えました。昨年11月にリリースされたAndroid 5.0(Lollipop)は3.3%でした。



KitKatが4割超える
バージョン コードネーム 前回(2月) 今回(3月) 増減
2.2 Froyo 0.4% 0.4% 0%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 7.4% 6.9% -0.5%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 6.4% 5.9% -0.4%
4.1.x Jelly Bean 18.4% 17.3% -1.1%
4.2.x 19.8% 19.4% -0.4%
4.3 6.3% 5.9% -0.4%
4.4 KitKat 39.7% 40.9% +1.2%
5.0 Lollipop 1.6% 3.3% +1.7%

Android 4.1-4.3(Jelly Bean全体)はシェアを減らしているものの、全体で42.6%と高いシェアを維持しています。

前回からシェアを伸ばしているのは4.4(KitKat)と5.0(Lollipop)で、それぞれ+1.2%、+1.7%となっています。

現在バルセロナで開かれているMWC 2015で発表されているスマートフォンやタブレットの多くはLollipopが採用されているため、今後はLollipopがシェアを拡大していくとみられます。

オクトバでのアクセスシェア

同じ時期(3月2日までの7日間)にオクトバにアクセスのあったAndroidのOSバージョン別シェアをまとめてみました。

バージョン コードネーム 前回(1月) 今回(3月) 増減
2.2 Froyo 0.1% 0.1% 0%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 1.7% 1.6% -0.1%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 6.7% 5.6% -1.1%
4.1.x Jelly Bean 13.7% 12.2% -1.5%
4.2.x 24.9% 23.5% -1.4%
4.3 2.2% 2.4% +0.2%
4.4 KitKat 46.0% 48.3% +2.3%
5.0 Lollipop 3.8% 5.2% +1.4%
その他 0.9% 1.1%

オクトバのデータは2ヶ月おきに記事にしているため、1月のデータとの比較になります。

4.3(Jelly Bean)以降の端末でシェアを伸ばしており、4.4(KitKat)は+2.3%と大きな伸びを見せています。

オクトバへのアクセスでの首位は4.4(KitKat)の48.3%、次いで4.1-4.3(Jelly Bean全体)の38.1%で、世界シェアとは逆転しています。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Lollipopが初登場で1.6%、Googleが2015年2月のOSバージョン別シェアを発表 | オクトバ(前回のデータ)






関連記事



タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る