Android( class=アンドロイド)ニュース" width="640" height="30" />

2015/02/3 Android(アンドロイド)ニュース

20150203_os_share_00

Googleは、2015年2月2日までの7日間で集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
今回発表されたデータでは、昨年11月にリリースされたAndroid 5.0(Lollipop)が1.6%で初登場しました。



Android 5.0(Lollipop)が登場
バージョン コードネーム 前回(1月) 今回(2月) 増減
2.2 Froyo 0.4% 0.4% 0%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 7.8% 7.4% -0.4%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 6.7% 6.4% -0.3%
4.1.x Jelly Bean 19.2% 18.4% -0.8%
4.2.x 20.3% 19.8% -0.5%
4.3 6.5% 6.3% -0.2%
4.4 KitKat 39.1% 39.7% +0.6%
5.0 Lollipop 1.6% +1.6%

今回発表されたデータでは、1位が「Jelly Bean全体」で44.5%、次いで「KitKat」が39.7%で2位、3位が「Gingerbread」で7.4%でした。

ここ3ヶ月は毎月5%以上シェアを増やし続けてきたKitKatですが、今回のデータでは前回から+0.6%とブレーキがかかっています。それでも1位のJelly Beanがシェアを落としているため、その差は徐々に狭まってきています。

昨年11月のリリースから約3ヶ月経ったLollipopがOSシェアのデータに初登場しました。最新機種のリリースや既存機種のアップデートにより、Lollipopのシェアは今後も徐々に増え続けると思われます。

関連情報

Dashboards | Android Developers(英文)
Googleが2015年1月のOSバージョン別シェアを発表、Lollipopは0.1%未満か | オクトバ(前回の発表データ)







関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る