MorseCoder : 通信の基本はモールス信号だっ!!Androidアプリ381

 

こんにちは、タマイ・ラマです!

『貴様どうしてその情報を・・!?』
『フ・・・実はモールス信号で通信していたのさ!』
映画や漫画ではこのような展開で、主人公が奇跡の大逆転をしたりすることがありますよね?笑。

「MorseCoder」を使えばAndroidを利用してモールス信号を点滅やビープで送る事ができます。
自動的に文章をモールス信号に変換してくれる機能もついているので、誰でも簡単にモールス信号で通信を行う事ができます!
使ってみると、ちょっと面白いですよ!

MorseCoder
価格:無料
開発:Heliosophic Labs, LLC


アプリを起動するとアルファベットとモールス符号の対応表が表示されます。
1-86-1

画面下部の「・」と「-」の2つのボタンを押すことでモールス信号を作成する事ができます。
ボタンからの入力信号は、ビープ、点滅、バイブ、に変換されます。
自分が何のアルファベットを入力したかは、ボタンの間に表示されるので常に確認できます!

「・・・」と打ち込み「S」を作成しました!
1-86-2

本アプリはアルファベットを自動的にモールス信号に変換する事ができます。
「menu>Convert」を選択します。
1-86-3

ここにモールス信号に変換したい文章を入力、「OK」を押します!
1-86-4

すると画面全体の点滅とビープ音で先程の文章がモールス信号に変換されました!
1-86-5

(点滅しています)
1-86-6

1-86-7

設定ではモールス信号を何で表すか(ビープ、点滅、バイブ)や、トーン、スピードの設定を行うことができます。
1-86-8

残念ながらモールス信号を解析する機能はついてないみたいなので、送られてきたモールス信号は自力で解読するしかなさそうです><




MorseCoder
価格:無料
開発:Heliosophic Labs, LLC





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名MorseCoder
対応OS
バージョン2.0.1
提供元Heliosophic Labs, LLC
レビュー日2010/02/11
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者