Whiteboard : 書いている時の音がリアル!4色使いのホワイトボードをポケットに!Androidアプリ539

 

こんにちは!ぺるしゃです☆
プレゼンテーションでは、活躍の場をパワーポイントに奪われているホワイトボードですが、それでもなくなった訳じゃありません!
活躍の場はまだまだ多彩。
思考整理の際、会議の際、図にしたい、絵を描きたいその場面。
ホワイトボードはあると便利なツールです!
真っ白なボードは何か書きたくなりますよね。

そのホワイトボードがandroidで使えたら、ちょっと楽しいと思いませんか?
今日はシンプルな4色のペンが使えるホワイトボードアプリのご紹介☆

Whiteboard
価格:US$0.99
開発:HenryHuang


起動画面はこちら。
色選択のアイコンはマーカーの形。
分かりやすくそしてなんだか懐かしくかわいい。
黒・青・緑・赤のマーカーとイレーサーが表示されています。
マーカーをタップすることで色を変えることができます。

試しに殴り書き。色はこんな感じです。
動作はスムーズなのでサクサク絵や図形がかけますよ☆
書いてる時の音もなんだかリアル!

ペンを長タップすると、マーカーの太さを変えることができます。
一番細いのが1px、一番太いのが20pxです。
ちなみに上の絵のTESTの文字は全部6pxで書いています。

menuキーを押すとホワイトボードの全消去ができる「Clear」や、1つ前の動作に戻る「Undo」、次の動作に進む「Redo」ができます。
また、「Save」でファイルに名前をつけて保存することができます。

「Gallery」では今までに作ったファイルの管理ができます。
ファイルを選択すると、「Load」、「Send」、「Delete」を選択できます。
「Send」ではGmailやPicasa、twidroidなどで外部に送信することができます。

「Setting」では振ることでホワイトボードをクリアできる設定やスクリーンの省エネ設定、効果音の設定ができます。

いかがでしたでしょうか?
使い勝手は抜群のこのホワイトボード!
是非使ってみてください☆
お試し用に一部の機能(Send、Setting)が使えない無料バージョンも用意されています。

それでは本日はこの辺で☆お相手はぺるしゃでした!!




Whiteboard
価格:US$0.99
開発:HenryHuang





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Whiteboard
対応OS
バージョン1.2
提供元HenryHuang
レビュー日2010/04/12
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者