縦書きビューワ : 読書の秋。青空文庫を縦書きで読もう!Androidアプリ964

 

ここ数日で急に気温が下がり、秋めいてきました。秋と言えば天高く馬肥ゆる、ではなく読書の秋。
今回は読書の秋をサポートするアプリ、「縦書きビューワ」をご紹介します。
Android端末で青空文庫などのWeb書籍を楽しむことのできるアプリは数多くありますが、基本的には横書きの表示です。
普段、文庫本やハードカバーで本を読んでいる方にとっては、横書きの文章は非常に読みにくいと思います。
このアプリは、「青空プロバイダ」等でダウンロードした文章を縦書きで表示してくれます。

アプリの特徴
  • 縦書きでテキストを表示するビューワーアプリ
  • 「青空プロバイダ」との相性抜群
  • 多くのファイル形式に対応
縦書きビューワ
価格:無料
開発:2SC1815J


このアプリ自身にはダウンロード機能はないため、別途「青空プロバイダ」等のダウンロード専用アプリでテキストのファイルを用意しましょう。
対応ファイル形式は.txt、.zip、.XHTML、EPUBです。

さて、準備が整ったら「縦書きビューワ」の出番です。
アプリ起動画面です。説明書きがなされています。

「menu」>「開く」からファイルを選択します。
SDカード内のディレクトリ、ファイルが表示されます。
上述の「青空プロバイダ」でダウンロードされたファイルは、”/sdcard/MyBookshelf”に保存されています。

ファイルを選択すると、その書籍(文章)の見出しが表示されます。
この時、選択したファイルが.txt、.zipとは異なる場合には警告文が表示されますが、XHTMLファイルであれば開くことが出来ます。

画面を横にフリックすることで、ページをめくることが出来ます。
まさに本を読んでいる感覚です!

読書を中断する際は、「menu」>「しおりの変更」>「はさむ」でしおりを挟むことが出来ます。
再開する場合は「menu」>「しおり」から、前回挟んだしおりを選択することで、中断したページから読む事ができます。

ページ指定することも出来ます。バーをスライドして移動したいページを選択します。
特定のページにすぐジャンプできるので、非常に便利です。

「設定」からは、フォントの変更や字間といった文章の読みやすさに関わる項目や、画面の明るさや背景色といった画面自体の見やすさに関わる項目、操作方法など、本当に多くの項目を設定できます。

また、「青空プロバイダ」をインストールしていなかった場合、本アプリからAndroidマーケットへ移動してインストールすることが出来ます。

「縦書きビューワ」、いかがだったでしょうか。
デベロッパーこそ違いますが、青空プロバイダと非常に相性の良いアプリです。
また操作性や画面の作りも素晴らしく、Android端末で問題なく読書を楽しむことが出来ます。
みなさんも是非、読書を楽しんでください!




縦書きビューワ
価格:無料
開発:2SC1815J





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名縦書きビューワ
対応OS
バージョン0.9.5.15
提供元2SC1815J
レビュー日2010/08/27
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者