Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2010/10/29 ツール

『Google Chrome to Phone』を使えば、Google ChromeとAndroidで楽に情報の共有が行えます。
ワンクリックで現在見ているWebページ・動画・電話番号・テキスト・地図をAndroid端末に送信する事が可能です。

パソコンを良く使用している方は、見違えるぐらい生活が便利になること間違いなしです!

※本アプリはレビュー時現在、Android 2.2専用です。
Android 2.1対応で似たような機能を持つアプリとして、『LinkPush』『Page Stack』がマーケットにリリースされています。

アプリの特徴

  • Chromeで開いているURLをワンクリックでAndroidへ
  • 動画/電話番号/テキスト/地図の情報も送信可能
  • 「FoxToPhone」を使えばFirefoxでも利用可能

Google Chrome to Phone
価格:無料

始めにセットアップを行いましょう。
Google Chrome拡張機能よりGoogle Chrome to PhoneをGoogle Chromeにインストールします。
インストール後、Google Chrome to PhoneへGoogle アカウントを使ってログインします。

Androidマーケットより本アプリ、『Google Chrome to Phone』をインストールします。
インストール後、指示に従ってセットアップを行ないます。

この時、「リンクを自動的に起動する」にチェックを入れると、各種リンクが自動的に開くようになります。

Google Chromeに拡張機能がインストールされると、右上に新しいボタンが追加されます。
ブラウジング中にこのボタンを押すことで、様々な情報をAndroidに送る事が可能です。

【URL】
任意のページを開いているときにボタンを押すと、そのページがAndroidに送信されます。

URLをコピペして送信する手間が省けていい感じです。

【YouTube】
URL同様、YouTubeの動画をChromeから送信すると・・・

YouTubeアプリが直接起動します。

【電話番号】
ブラウザ上で電話番号を選択してボタンを押せば、番号の発信画面が表示されます。

パソコン画面を見ながら番号を打つ手間がなくなります。

【テキスト】
電話番号と同じように、任意のテキストを選択してボタンを押せば、Androidのクリップボードにその内容を送る事ができます。

これだけのテキストがワンクリックで送れるのは爽快です。

【Google Maps】
Google MapへのリンクもAndroid側のアプリで開く事ができます。

なお、Firefoxでも「FoxToPhone」というアドオンをインストールすれば、本アプリを使う事ができるようになります。

今までAndroid端末へ情報を送るときは、主にメールやチャットを使っていましたが、本アプリはそのフラストレーションを一気に解決してくれました!
Chrome(Firefox)ユーザーなら、インストールして間違いないアプリだと思います!





Google Chrome to Phone
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Google Chrome to Phone
価格 無料
バージョン 2.1.0
デベロッパー名 Google Inc.
レビュー日 2010/10/08


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る