お
    知らせ

2011/04/14 お知らせ

【お知らせ】 オクトバ公式アプリ『オクトバ』、本日よりアップデート!

オクトバの公式アプリ『オクトバ』のアップデート版を、本日Androidマーケットに公開しました。

『オクトバ』アプリは、本サイト「オクトバ(octoba.net)」がご紹介しているおすすめアプリを、Android携帯端末から快適に読めるアプリです。
今回のアップデートでは、共有機能の強化や音声検索の機能追加、不具合の改善などを行っています。

日ごろご利用いただいている方は、ぜひアップデートをお願いします。また、まだお使いで無い方もこの機会に『オクトバ』アプリをインストール!

アップデートの内容については、続きをご覧ください。



今回のアップデートの内容(機能追加、改善、お願い)は以下の通りです。

【機能追加】 共有機能が充実しました。

共有機能が強化され、Twitterアプリやキャリアメールアプリなど、他のアプリを利用してレビュー記事のタイトルとURLを送ることが簡単になりました。
気になる記事や周りにおすすめしたいと思った記事を見つけたときは、右下の共有ボタン(プレゼントボタン)から使いたいアプリを呼び出してください。
【お知らせ】 オクトバ公式アプリ『オクトバ』、本日よりアップデート!

【機能追加】 音声検索が便利になりました。

目当てのレビュー記事を探したい時に利用する音声検索機能に「もしかして…」が付き、アプリ名などでの検索が簡単になりました。
もちろん、キーワードをしゃべることでもレビューの検索が行えます。
【お知らせ】 オクトバ公式アプリ『オクトバ』、本日よりアップデート!

【機能追加】 SDカードに移動できるようになりました。

アプリを携帯端末本体からSDカードに移動できるようになりました。
端末本体の容量が少ない場合などにご利用ください。
【お知らせ】 オクトバ公式アプリ『オクトバ』、本日よりアップデート!

※アプリのSDカードへの移動は、Android 2.2以上搭載の端末が対応しています。
※SDカードへの移動方法は、各機種の説明書等をご覧ください。
※アプリをSDカードに移動した場合、付属するウィジェットは使用できなくなりますのでご注意ください。詳しくは下記「【お願い】ウィジェットが無くなるとき。」をご覧ください。

【改善】   色が優しくなりました。

これまでのビビットカラーの発色を少し抑え、優しい色味に変更しました。
長時間使用したときに目が疲れにくくなりました。

【改善】   不具合を修正しました。

前バージョンをお使いの皆さんからご指摘いただいた点について改善を行い、併せて細かい修正も施しました。
『オクトバ』アプリへのご指摘、ご要望をご連絡くださった皆さんに、改めて御礼申し上げます。

【お願い】  ウィジェットが見えなくなるとき。

『オクトバ』アプリには、記事の更新情報を表示するウィジェットが付属しています。
このウィジェットを設置した状態で、タスクキラーアプリ(タスクを終了させるアプリ)を使用すると、ウィジェットが見えなくなる現象(ウィジェット自体は存在しています)が起こります。
この現象は、ウィジェットとタスクキラーアプリ、それぞれの特徴の兼ね合いに起因するものです。

もし、見えなくなった場合もウィジェットを再設置していただければ大丈夫です。
『オクトバ』アプリのウィジェットと併せてタスクキラーアプリをご利用の際は、『オクトバ』アプリをタスク終了の対象から除外していただけるようお願いします。

【お願い】  ウィジェットが無くなるとき。

アプリをSDカードに移動した場合、『オクトバ』アプリに付属するウィジェットがウィジェット一覧に表示されなくなります。
また、既にウィジェットを設置している場合も、そのウィジェットがホーム画面から削除されます。
この現象は、Androidの仕様に起因するものです。

ウィジェットが一覧に無いときは、アプリがSDカードに保存されていないかお確かめください。
SDカードに保存されている場合は、携帯端末側に『オクトバ』アプリを移動していただけるようお願いします。

新しくなった『オクトバ』アプリを使って、ぜひお気に入りのアプリを見つけてください!

『オクトバ』アプリのインストールは画像をクリック。Androidマーケットより行えます。
【お知らせ】 オクトバ公式アプリ『オクトバ』、本日よりアップデート!







関連記事




タグ: , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る