Android(>アンドロイド)ニュース

2011/04/21 Android(アンドロイド)ニュース

skype

Skypeは20日、Android向けに公開中の『Skype』アプリの脆弱性に対処したアップデート版の提供を開始した。
先日発覚した個人情報流出の脆弱性に対応したことになる。同社は、旧バージョンを利用中のユーザーに、Android マーケットからアップデートの適用を呼びかけている。



公表されていた脆弱性は、悪質なサードパーティ製のアプリをAndroid端末にインストールすることで引き起こされる可能性があるというもの。
流出の恐れがある情報には、キャッシュされたプロファイル情報やインスタントメッセージなどのファイルが含まれていた。これらのファイルからは、ユーザー名、アカウント名、住所、電話番号、連絡先などの情報を抽出することができる。

今回の脆弱性に対応した新バージョンは、「1.0.0.983」。Skypeのバージョンの確認は「設定」>「アプリケーション」>「アプリケーションの管理」>「Skype」を選択することで可能。
バージョンが古い場合には、Androidマーケットを開き、「マイアプリ」の中から「Skype」を選択後、画面上部の「アップデート」ボタンを押すことなどで最新版に更新できる。

なお、同社の公式ブログによると、au携帯用のSkype(Skype au)には情報流出における脆弱性はないとしている。

【関連記事】
【ニュース】 Skype、自社のAndroidアプリに脆弱性があることを発表

【参考情報】
Skype – Android マーケット
Skype – Skype 日本語ブログ – Android版Skypeの情報流出の脆弱性について







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る