StickDraw : 描いた絵がパラパラ漫画に!オリジナルアニメーション作成アプリ!Androidアプリ1612

 

『StickDraw』は、描いた絵を連続で表示して、パラパラ漫画のようなアニメーションを作成できるアプリです。

パラパラ漫画。子供の頃にノートの隅などに描いたことのある方も多いのではないでしょうか。本アプリはそのパラパラ漫画を簡単に作成できるおもしろいアプリです。
コピーペーストなどアニメを作るための機能が充実しており、誰でも簡単にオリジナルパラパラ漫画を作ることができます!

アプリの特徴
  • パラパラ漫画風のオリジナルアニメーション作成アプリ
  • コピーペーストなどを使って素早く続きが描ける
  • 作成したアニメは友人と共有が可能
StickDraw
価格:無料
開発:Bingzer


トップ画面です。まずはボタンの説明です。
画面上左から「自分が作成した作品」「メールなどで受け取った作品」「ヘルプ」、画面下が左から「新規作成」「再生」「編集」「表示切替」となっています。

さっそく左下の「新規作成」をタップして、アニメを作っていきます。
始めに「Portrait」(縦向き)または「Landscape」(横向き)を選択して絵を描きはじめます。

画面下の鉛筆のアイコンから線の太さ/色が選択でき、menuボタンからは、

  • Background : 背景色の設定
  • Preview : アニメーションの再生
  • Properties : プロパティの設定
  • Save : SDカードへ保存
  • Close : トップ画面に戻る
  • その他 : コピーペースト、ページ移動、ページ挿入など

といった機能が使えます。
動かしたい部分以外はコピーペーストを使うなど、効率よくアニメーションを作っていくことができます。

画面下の矢印のアイコンでページを移動します。
この際、1コマ前の画像が背景に表示されるので、アニメの動きを想定しながら絵を描くことができます。今回は人が徐々に右に歩いていくようなアニメを作ってみます。

描き終わったら最後に「Save」からアニメーションに名前を付けて保存します。
後は保存したパラパラ漫画を再生して力作を楽しみましょう!
なお、完成したアニメーションはメールなどに添付して友人などと共有することも可能です。

いかがでしたでしょうか。
細かい絵を描くのは難しいかもしれませんが、コピーペーストや共通の背景を使う機能などによって素早くパラパラ漫画が作れます。
有料のプラグイン($0.99)を購入すれば、背景にも自分で描いた絵を使うことができるようになります。懐かしくなって、ついつい凝ってしまった方は購入を検討してみてください。




StickDraw
価格:無料
開発:Bingzer





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名StickDraw
対応OSAndroid 2.0 以上
バージョン4.0.2
提供元Bingzer
レビュー日2011/03/26
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者