映画データベース キネマ旬報 : 収録タイトル4万本!映画雑誌「キネマ旬報」公式アプリ。Androidアプリ1700

 

『映画データベース キネマ旬報』は、映画雑誌「キネマ旬報」による映画のデータベースアプリです。

本アプリには、邦画と洋画あわせて約4万タイトルもの作品データが収録されています。
その中から、作品名やスタッフ、キャスト名で映画を検索することができます。そして、作品のストーリーや賞の受賞歴、関連する記事がある「キネマ旬報」のバックナンバーをチェックすることができます。
映画好きの方には、たまらないアプリです!




アプリの特徴
  • 映画情報誌「キネマ旬報」のデーターベースアプリ
  • 作品名やスタッフ、キャスト名から検索
  • 富士通製の検索エンジン「ONESWING」による高速検索
映画データベース キネマ旬報
価格:¥450
開発:㈱富士通パーソナルズ




本アプリの初回起動時には、コンテンツのダウンロードが必要です。データ容量は約470MBもあるので、Wi-Fiの利用をおすすめします。
Wi-Fiを利用した場合、5分ほどでダウンロードと展開が完了しました。
3G回線でダウンロードする場合は30分以上かかる場合もあるので、充電器を接続しておきましょう。

 

さて、お待ちかねのトップ画面です。

画面上部のボタンでは、検索やブックマークなど機能の切り替えが行えます。
画面下部のボタンでは、ページの切り替えなどの操作が行えます。





【作品検索】



画面上部の検索ボタンから、まずは作品名で検索してみます。

洋画または邦画の選択、制作国、制作年を指定することもできます。






 

最初に検索したのは「戦場のピアニスト」。カンヌ映画祭でも最高賞を受賞した名作です。

画面に表示されている文章は、画面を長押しすることでコピーすることができます。






 

スタッフやキャスト、関連した記事が掲載されている「キネマ旬報」のバックナンバーなども表示されます。





【人名検索】



次に「人名検索」をしてみます。

キャストやスタッフなど、映画に携わった人物の名前から検索できます。






 

検索結果では、スタッフやキャストのフィルモグラフィー(作品履歴)が時系列順に表示されます。
映画のタイトルをタップすれば、先ほどと同じく作品のデータページが表示されます。






 

その他、お気に入りの映画はブックマークに登録すれば、いつでも呼び出すことができます。

また、menuの設定からは、文字サイズや検索件数などの各種設定が行えます。




最初のダウンロードに時間がかかりますが、一度ダウンロードしてしまえばオフライン環境でも利用できます。
本アプリでは、検索エンジンに富士通製の「ONESWING」が採用されており、とても素早く検索が行えます。

映画をご覧になる際は、このアプリをお供にしてみてはいかがでしょうか。




映画データベース キネマ旬報
価格:¥450
開発:㈱富士通パーソナルズ





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名映画データベース キネマ旬報
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.2
提供元㈱富士通パーソナルズ
レビュー日2011/05/22
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者