TDR Wait Times : 東京ディズニーリゾートの待ち時間をTwitterで共有!Androidアプリ1718

 


誰もが一度は訪れる夢の国、東京ディズニーリゾート。
その夢のひと時の最大の敵が、アトラクションの待ち時間!
下手をすると2時間以上待たされてしまうため、イライラが募りカップルが喧嘩になるってこともよく聞きます。

そこでご紹介したいのが、『TDR Wait Times』。
Twitterで各アトラクションの待ち時間を共有することで、混雑を回避することができ快適に園内を回れるというものです。

自分のためにも他のユーザーのためにも、東京ディズニーリゾートに行く際はお供にどうぞ。



アプリの特徴
  • 東京ディズニーリゾートの待ち時間に特化したTwitterクライアント
  • アトラクションの混雑状況をみんなで共有
  • 有名アトラクションから小さなアトラクションまで網羅
  • ファストパスとの組み合わせで効果倍増!
TDR Wait Times
価格:無料
開発:Junichi Kobayashi







『TDR Wait Times』は、東京ディズニーリゾートのアトラクションの待ち時間専用のTwitterクライアントです。
まずはアプリとTwitterアカウントを連動させましょう。







Twitterアカウントとの連動が完了すると、アプリのメイン画面が表示されます。

画面の上半分は簡略的な地図になっており、その下にある「WB」「AL」「WL」などはエリアの略称となっています。
地図を見ながら、自分の乗るアトラクションのあるエリアを選択してください。







エリアの選択が終わると、そのエリアにあるアトラクションが表示されます。

「カリブの海賊」や「スプラッシュ・マウンテン」などの有名アトラクションはもちろんのこと、「アリスのティーパーティー」や「空飛ぶダンボ」などの小さなアトラクションもちゃんと掲載されています。
「オムニバス」や「蒸気船マークトウェイン号」などの乗り物も押さえてあります。







待ち時間をつぶやくときは、アトラクションの選択をして待ち時間を入力し、中央にあるボタンを押せば自動でツイートしてくれます。

簡単な操作なので、列に並びながらでもすぐに待ち時間の共有ができますね。







こうして集まった混雑状況は、「待ち時間状況」で確認することができます。

この日は日曜日ということもあり、「ビックサンダー・マウンテン」は120分待ちです。
一方、「カリブの海賊」は20分で乗れてしまう状況です。

これらの情報をもとに待ち時間を回避すれば、快適にディズニーリゾートを楽しむことができます。
今回は東京ディズニーランドを例にしましたが、東京ディズニーシーも同様に待ち時間が分かりますよ!





ファストパスと『TDR Wait Times』を組み合わせることで、待ち時間を相当節約できるのではないでしょうか。
みんなで待ち時間を共有するという行為そのものも、アトラクション感があって楽しいですよ。




TDR Wait Times
価格:無料
開発:Junichi Kobayashi





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名TDR Wait Times
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0.6
提供元Junichi Kobayashi
レビュー日2011/06/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者