KINGSOFT Office for Android : ドキュメントビューワーとオンラインストレージが1つのアプリで!Androidアプリ1743

 

『KINGSOFT Office for Android』は、ドキュメントビューワーとオンラインストレージが一つにまとまったアプリです。

本アプリは、パソコン用オフィスソフト「KINGSOFT Office 2010」などで作成したドキュメントを、オンラインストレージ「KDrive」を介して閲覧することのできるアプリです。
このアプリがあれば、パソコンで作成したワードやプレゼンテーションなどのドキュメントを外出先から参照できます。
また、Microsoft Officeで作成したWordやExcelのファイルにも、もちろん対応しています!




アプリの特徴
  • ドキュメントビューワーとオンラインストレージが合体したアプリ
  • ワードやスプレッドシート、プレゼンテーションなどのファイルをスムーズに閲覧
  • オンラインストレージは2GBまで利用可能
KINGSOFT Office for Android
価格:無料
開発:キングソフト株式会社



このアプリを利用するには、パソコンからオンラインストレージサービス「KDrive」にファイルをアップロードする必要があります。
また、利用にはアカウント登録が必要なので、アカウントをお持ちでない方は登録しておきましょう。

アップロードするファイルは、このアプリをリリースしているキングソフト株式会社が提供しているKINGSOFT Office 2010で作成したドキュメント以外にも、Microsoft Officeで作成したファイルや、画像ファイル、テキストファイルなどもOKです。

下はパソコンのブラウザからファイルをアップロードした後の画面です。








さて、アプリを起動すると4項目に分かれたメニューが表示されます。

まずは、本アプリの要であるKDriveとの連携を見てみましょう。
「Online」を選択してください。







一覧で表示されるフォルダは以下のような構成になっています。

  • マイドキュメント:自分のみが閲覧できるフォルダ
  • 共有されたファイル:他人が自分宛に共有しているフォルダ
  • 共有したファイル:自分が他人宛に共有したフォルダ

このように「KDrive」では、他のユーザーとファイルを共有することができます。共有に関する設定は、パソコン版のサイトから行えます。







先ほど、マイドキュメントのフォルダにパソコンからいくつかファイルをアップしておいたので見てみましょう。








まずは、スプレッドシートを開いてみます。

グラフなどもしっかり表示できていますね。
ピンチ操作で拡大/縮小も行えます。








プレゼンテーションのファイルも開いてみました。

多少、拡大/縮小の動作が不安定でしたが、こちらもしっかりと表示できています。
ページ送りなどは、画面下部のツールバーで行えます。






 

トップメニューの「Device」からは、端末に保存してあるドキュメントを開くことができます。
本アプリでダウンロードしたファイルは、「/sdcard/download/livespace」に保存されています。

また、一度開いたファイルは同じくトップメニューの「History」に一覧で表示されるようになります。


「Device」や「History」からはローカルに保存してあるファイルを参照するので、電波の届かない地下鉄の中などからでも閲覧することができます。




通常、オンラインストレージサービスにアップしたドキュメントをAndroidから見るときは、別のビューワーアプリなどを経由しなければなりませんが、本アプリはビューワーが一体になっていることで、よりビジネスシーンに強いものになっています。
パソコンでキングソフトのオフィスソフトを使用している方には特におすすめです!




KINGSOFT Office for Android
価格:無料
開発:キングソフト株式会社





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名KINGSOFT Office for Android
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.0
提供元キングソフト株式会社
レビュー日2011/05/26
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者