Wikipedia 音声検索 : 分からないことはWikipediaに聞いてみよう!Androidアプリ1952

 


『Wikipedia 音声検索』は、Androidの音声検索でWikipediaから検索するアプリです。

日常の疑問からレポートの調べ物まで、多くのユーザーが利用しているインターネット百科事典「Wikipedia」。
日本語の記事数は70万件を超え、オクトバでもレビュー執筆時によくお世話になっています。
本アプリは、Androidの魅力機能の1つ「音声検索」でWikipediaから検索するためのアプリです。
文字を入力することなく、端末に調べたいキーワードをしゃべるだけでWikipediaから検索してくれます!




アプリの特徴
  • 音声検索でWikipediaから一発検索
  • 検索から表示までがスピーディー
  • 音声検索の認識制度はGoogleの折り紙つき
Wikipedia 音声検索
価格:無料
開発:Wataru Aoki







アプリのトップ画面には、Wikipediaのロゴマークが表示されています。
この画面をタップするか、端末をシェイクすることで、音声検索の入力状態にすることができます。

よく目にする地球をジグソーパズルで表したWikipediaのロゴですが、このロゴにも長い歴史があり、こちらのページで解説されています。
Wikipediaの情報の多さには、ただただ驚くばかりです。






 

「お話ください」のポップアップが表示されたら、端末に向かって調べたいキーワードをしゃべりましょう。

しゃべり終えると候補の一覧が表示されるので、目的のキーワードをタップします。
今回は「アンドロイド」としゃべってみましたが、1発で出てきましたね。この音声検索の精度は日を追うごとに良くなっている気がします。





 

キーワードを選択すると、アプリ内のブラウザで該当ページが表示されます。
新たにブラウザを起動しないので、すばやく表示することができます。

検索結果はモバイル用のWikipediaが表示されます。
端末をシェイクすることで、前の画面に戻ることもできます。



他にもいくつかのキーワードを試してみましたが、Wikipediaに載っているような有名なキーワードはほとんど認識することができました。
文字を入力する必要がなく、音声で検索できるのは本当に便利な機能ですよね。Android標準の音声検索に、Wikipediaの項目がないのが不思議なくらいです。
Wikipediaでよく利用される方は、ぜひインストールしてみてください!




Wikipedia 音声検索
価格:無料
開発:Wataru Aoki





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Wikipedia 音声検索
対応OSAndroid 2.0 以上
バージョン1.4
提供元Wataru Aoki
レビュー日2011/07/20
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者