Notification Launcher : Wi-Fi・マナーモード・画面回転…スマホの主要機能を通知領域で一発設定!無料Androidアプリ

 


Wi-Fiやマナーモードなどの切り替え設定は、一日に何度も行なうもの。
ホーム画面のウィジェットから切り替えるのが一般的だと思いますが、わざわざホームに戻ることなく、使用中のアプリ画面から手軽に設定を変更できたら便利ですよね。
『Notification Launcher』は、通知領域にトグルスイッチやアプリアイコンを設置して、ステータスバーをスワイプダウンすることでいつでも呼び出せるランチャーです。一部機種には標準で搭載されている機能ですが、本アプリを使えば端末を選ばず、しかも自分好みに内容をカスタマイズできます!



アプリの特徴
  • ステータスバーの通知領域にトグルスイッチ設置
  • アプリアイコンやショートカットを置いてランチャー化も可能
  • 順番や内容を自分でカスタマイズ可能
Notification Launcher
価格:無料
開発:KINOKINO




ステータスバーに好きなスイッチやアプリが配置できる



1枚目が「ISW11F」、2枚目が「IS04」の通知画面です。

一部の機種はISW11Fのように通知領域に各種トグルスイッチが用意され、ステータスバーからいつでも各種設定を変更可能です。

それと似たような機能を従来端末にも付加できるのが『Notification Launcher』です。しかも好きなスイッチやアプリを配置できるので、カスタマイズ面でより有利です!




スイッチ、アプリ、ショートカットを自由に配置!



アプリ一覧から起動すると、設定画面になります。まずは画面左上の「Add」から項目を追加していきましょう。

追加できるのは「アプリケーション」「ショートカット」「トグルスイッチ」の3種類です。

アプリも置けるので、名前通り「ランチャー」としても活用できます。




豊富なトグル設定でウィジェットいらず!



トグルスイッチで対応しているのは以下の機能です。

Wi-Fi / Bluetooth / GPS / 3G / 画面の自動回転 / サイレントモード / マナーモード / 機内モード / Wake Lock / USBテザリング / Wi-Fiアクセスポイント

テザリング機能などは、未対応端末では正常に動作しないと思われますので要注意です。




1列5機能の省スペース設計



このように、アイコンを5つまで配置できます。

通知領域を利用したランチャーは他にもありますが、本アプリなら1列に5つまでアイコンを置けるので、狭いスペースを有効に使うことができますね。

あとは適宜Menu>「Setting」で設定を行なって、右上の「Stop」となっているボタンをタップすると有効になります。ステータスバーにアイコンも表示されますが、設定で透明化もできます。




ON/OFFも一目でわかって超便利!



通知領域を表示してみると…ちゃんと各種アイコンが表示されていますね。

もちろん1タップでON/OFF切り替えやアプリ起動が可能です。しかも切り替えると通知が閉じ、すぐに元のアプリに戻れます。

トグルスイッチの有効・無効状態もアイコンの色で分かりやすく表示されます。

また「Setting」で、通知内の表示の順番を一番上、または一番下に変更できるので、お好みで設定しましょう!



端末標準でトグルスイッチ領域がある端末でも、スワイプ系ランチャーの代わりとして活用できます。通知領域を有効活用したい方は、ぜひお試しください!




Notification Launcher
価格:無料
開発:KINOKINO





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Notification Launcher
対応OSAndroid 1.6 以上
バージョン0.4.1
提供元KINOKINO
レビュー日2012/02/08
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。