Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/03/15 ビジネス

『スマート名刺管理』は、スマホで名刺の写真を撮ることでデータ化してくれる名刺管理アプリです。

「ATOK」や「一太郎」で知られる「ジャストシステム」から今度は名刺管理アプリがリリースされました!
名刺をスマホのカメラで撮ると、OCR(光学文字認識)で名刺の情報を連絡先データとして保存できます。
保存したデータはGoogleアカウントに紐付けされ、パソコンからも閲覧や編集が行えます。
Windows版の「スマート名刺管理」と合わせて利用したいアプリですが、単体でも十分に使うことができます!



アプリの特徴

  • ジャストシステム謹製名刺管理アプリ
  • 高精度のOCRで名刺をデータ化
  • Googleアカウントに保存してPCと共有

スマート名刺管理
価格:無料


使い方に難しいところなし!

スマート名刺管理

本アプリの利用には、Googleアカウントが必要になります。

名刺をその場で撮影する場合は「名刺を撮影」を選択します。
撮り貯めた名刺写真がある場合は、「写真を選択」からギャラリーアプリで選ぶこともできます。

なお、本アプリは26週間の利用制限があり、それ以降は保存ができなくなります。
Windows版の「スマート名刺管理」を購入してシリアルを入力することで、制限は解除されます。


スマート名刺管理

「名刺を撮影」でさっそく名刺を撮影してみましょう。

カメラが起動するので、枠に収まるように位置を調整します。
この時にはピントは合っていませんが、シャッターボタンを押すと自動でピントが合います。

縦向きや横向きは後で修正できるので、特に心配はいりません。



認識精度は抜群!

スマート名刺管理 スマート名刺管理

シャッターボタンをタップすると、撮影した名刺が表示されます。
向きがおかしい時は、画面右上のボタンから回転させることができます。

また、英語の名刺の時は「日本語」の部分をタップして英語に切り替えることもできます。

問題なければ「認識」をタップすれば文字認識が行われます。


スマート名刺管理

気になる認識精度は…かなり高精度です!
30枚ほど名刺を撮影してみましたが、名前や電話番号はほとんど正確に読み取れました。

各項目の右にあるアイコンから、すぐに電話をかけたり住所をGoogleマップで調べたりできます。
取引先を訪ねるときに迷ってしまったら、本アプリで名刺から簡単に住所をGoogleマップに表示することができますね。



編集機能も充実

スマート名刺管理 スマート名刺管理

誤認識してしまった時は、画面下部の「編集」から手動で修正できます。
また、名刺に書いていない情報を追加することなどもできます。

役職と会社名を誤認識してしまった場合などは、部分認識で任意の箇所を認識させられます。



Windows版と合わせて使いたい!

スマート名刺管理

設定画面では、利用するGoogleアカウントを切り替えたり、名刺画像の保存するか否かなどを設定できます。

また、Windows版の「スマート名刺管理」をお持ちの方は、シリアルナンバーを入力することで利用制限を解除できます。
Windows版では専用の名刺読み取りリーダーで、1枚あたり0.3秒で読み取れるというので驚きです。

もちろん、Windows版で読み取ったデータもスマホで読み取ったデータも、Googleアカウントで共有されます。



いかがでしたでしょうか。
認識精度や使い勝手は、名刺リーダーアプリの中ではかなり上位だと思います。
半年は無料で使えますが、ずっと使い続けたいと思ったらぜひWindows版の「スマート名刺管理」を購入しましょう。





スマート名刺管理
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 スマート名刺管理
価格 無料
対応OSAndroid 2.0 以上
バージョン 1.0.20120307
デベロッパー名 JustSystems Corporation
レビュー日 2012/03/15


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る