Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ニュース / 情報

『Google カレント』は、ニュースやRSSフィードなどを雑誌のように閲覧することができるGoogle公式アプリです。

電子雑誌ビューワーとして米国では昨年12月より公開されており、iPadユーザーの間などで話題になっていました。
そして本日、日本でも公開がスタートし、Androidスマートフォンやタブレットからも利用することができます。
まだまだ発展途上な部分は多いですが、スタイリッシュなUIはなかなかイケてます。
記事最後には公式動画も掲載しているので、どんな動きをするのかチェックしてみてください!



アプリの特徴

  • ニュースやブログを雑誌のように閲覧できるリーダーアプリ
  • 日本語に対応し、日本のニュースもチェックできる
  • オフラインキャッシュ機能も搭載
  • タブレットでの利用がオススメ!

Google カレント
価格:無料


Googleリーダーとは180度違うデザイン

Google カレント

アプリを起動してまず目に入ってくるのが、画面上部の写真です。
上部が写真によるフィーチャー部分。下部にブログやニュースなどが表示されるようになっています。

日本語にも対応していますが、プリセットで登録されているライブラリは英語のコンテンツのみ。

さっそく「さらに追加」で、ライブラリにいつも見ているニュースサイトやブログを追加してみましょう。



日本のエディションは手動で追加

Google カレント

ライブラリのフィードなどの各項目を本アプリでは「エディション」と呼びます。
追加画面には様々なカテゴリのプリセットが登録されていますが、残念ながら現在のところ全て英語のエディション。

「検索」や「Googleリーダー」から、自分好みのサイトを追加しましょう。
検索で”オクトバ”と検索すれば、本サイトや「オクトバ for iPhone」も追加できます。


Google カレント Google カレント

各記事は、雑誌をめくるように横にフリックすると次々と切り替わります。

全文を読むには「元の記事を見る」ボタンをタップすると、アプリ内のブラウザで記事にアクセスします。



ニュースは日本に対応!

Google カレント

Googleリーダーと異なるのは、デザインだけではありません。
本アプリではニュースリーダーとして、ニュースも雑誌のようにチェックすることができます。

トップ画面で「最新」のタブに切り替えてみましょう。

ニュースは日本に対応しており、日本のニュースが配信されています。


Google カレント

ニュースのトピックスをタップすると、関する記事やYouTubeの動画が表示されます。
YouTubeの動画をタップすれば、YouTubeアプリで視聴することができます。

また、画像だけをまとめてチェックすることもできます。



タブレットでより本物の雑誌のように

Google カレント

タブレット端末をお持ちの方は、ぜひタブレットで本アプリを利用してみてください。
スマホ版とはデザインが少し異なり、より雑誌っぽくネットやニュースを閲覧することができます。

朝食を食べながらタブレットで本アプリを起動すれば、それはもう”できる男”な気分です。
縦向きにも横向きにも対応しているので、お好みのスタイルでお楽しみください。



デザインやコンセプトはとても素晴らしく、Googleリーダーの未読数が溜まっていく恐怖に怯える心配もありません。
動作がすこし重かったり、細かいところで操作しづらい部分があるなど、発展途中的な印象があるのも事実です。
今後、本アプリがどのように進化していくのか楽しみですね。

最後に公式のプロモーション動画をご覧ください。
Introducing Google Currents





Google カレント
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Google カレント
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.1.0
デベロッパー名 Google Inc.
レビュー日 2012/04/12


関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る