Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ライフスタイル

健康管理に気をつけてますか?
ひとくちに健康管理と言っても様々ですが、日々の運動の積み重ねも健康管理の重要な要素です。
しかも週に1、2回のスポーツジム通いより、1日30分の持続的な運動…特にウォーキングなどの方が健康維持には効果的だそうですよ!
しかし、「じゃあ、毎日5キロ歩くぜ!」などと、あまり意気込みすぎると続かないのも確かな話です。
無理せず苦労にもならず、しかも飽きない方法を教えちゃいましょう!
今回ピックアップする『BoomerangWalks』は、毎日のウォーキングを手軽にサポートしてくれるアプリ。



アプリの特徴

  • 毎日のウォーキングをサポートするアプリ
  • コースの自動作成機能で毎日飽きずに継続できる
  • 案内機能で旅行先でもウォーキング可能

BoomerangWalks
価格:無料

まずはウォーキングコースを作成しよう

BoomerangWalks

アプリを起動すると、現在位置を反映した形でGoogleマップが起動します。

つまり、『BoomerangWalks』は特別なコースを設定する必要がありません。ですから自宅付近はもちろん、会社周りや旅行や出張先などですぐにウォーキングが楽しめます。

ちなみに、作成できるのは「スタート地点から出発して、またスタート地点に戻ってくる」コースです。ですから「BoomerangWalks」(ブーメランウォーキング)なんですね。


BoomerangWalksBoomerangWalks

スマホのmenuボタンを押してサブメニューを呼び出し、そこにある「設定」をタップしてください。すると、「速度」「体重」「中間地点」を入力する画面になります。

「速度」と「中間地点」はコース作成に、「体重」は消費カロリーの計算に使われます。ちなみに「速度」は普段の歩行スピードを参考に入力してください。

「中間地点」はコース作成のパラメータとして使われる物で、画面上には表示されない数値。任意の数字をどうぞ。


西回りで攻めるか?東周りで流していくか?

BoomerangWalks

次に数値の入力が終わったらマップ画面に戻り、今度は「経路」をタップします。

ここでは「ウォーキング時間」と、コースをどういう方向から巡るかを決め、最後に「検索」を押します。

特にコースの巡り方を変えると、ウォーキング時間が同じであっても、アプリ上でまったく異なったコースを作成してくれます。

このおかげで、自宅や会社周りといった地理的に固定された場所であっても、毎日毎日違ったコースでウォーキングできるんです。


コースは巡る方角次第で変化する

BoomerangWalksBoomerangWalks

コースが作成されました。画面上段に表示されていますが、690メートルを7分のコースです(10分設定で検索したため)。消費カロリーは31Kcal。

後は「案内」を押せばウォーキングスタート!青い小さい円が自分です。とりあえずコースにそってガンガン歩きましょう、


案内機能で迷うこと無くウォーキング

BoomerangWalksBoomerangWalks

マップは進行方向によって動きます。唯一の難点と言えばGPSの精度でしょうか?

都心部のように高層ビルが立ち並ぶ地域では、なかなか正確な現在位置をつかんでくれません。

しかし、自分でコースを作成していないせいか、見慣れている筈の場所なのに色々と発見もあり楽しいです!


空いた時間に効率良くウォーキングが楽しめる

BoomerangWalks

ゴールに到着しました!10分コースはやはり短かったようです。

このアプリなら昼食休憩時間などの短い時間なども活用できそうですね。

同じ場所でも日によって違うコースが作成できるので、飽きずに利用できそうです。


アプリとしてはウォーキングをサポートするためのものですが、「30分コースをジョギングする」とか「1時間コースをサイクリングで」などと応用も効きそうです。

実際の利用の際は、スマホの画面を見ながら歩くというのは危険ですし、道路を歩いている最中の曲がり角などにも十二分に留意してくださいね。





BoomerangWalks
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 BoomerangWalks
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 1.00
デベロッパー名 株式会社ABSOFT
レビュー日 2012/04/22


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る